大阪大学がiPS細胞を使った世界初となる手術を延期 地震の影響で

ざっくり言うと

  • 大阪大がiPS細胞を使って心不全を治療する研究を進めている
  • 大阪北部地震の影響で、世界初の手術が2019年度にずれ込むことが分かった
  • 手術に使う予定のiPS細胞が入ったシャーレから、培養液がこぼれたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x