グーグルの「ストリートビュー」に使用する写真を撮影するため、大分市中央町の歩行者専用道路を許可を得ずに車で走行したとして、大分中央署が運転した男性を道交法違反の疑いで摘発し、交通反則切符を交付していたことが2日に分かった。共同通信が報じた。

グーグル車の運転手摘発、大分 歩行者専用道を無許可走行(共同通信)