「言いたいことがあったらDMにして」

タレントの優木まおみが9月15日にInstagramを更新。同サービスを通じて自身や家族を中傷する言葉がぶつけられていることを明かした。

優木まおみInstagram

<耳マンのそのほかの記事>

優木は、いわゆる“捨てアカ(自身の身元が特定されるような発信はしない、閲覧用・リプライ用のアカウントのこと)”から、しつこく中傷されているらしい。優木は自身のアカウントにどんな言葉がぶつけられているのか、そのキャプチャ画像を公開した。そこには「ブランド云々は自己満足のうち。ちゃんとサイズが合ったのを着せたら?いつもだらし無い」のほか、娘たちの容姿を貶すような文言が書き込まれている。

悪口に対し、優木は「姉妹が二人とも男顔なのも、私に似てしまったせい」「服のサイズはいつも買うお店の人といろいろ相談して(決めた)」などと反論。自身がブロックしたところで、夫のInstagramに似たような内容が書き込まれてしまうと明かした。優木はあえて相手のアカウントをフォローしたとして、「言いたいことあったらダイレクトメッセージにしてほしいな」と呼びかけた。

当該投稿は削除済み

優木はInstagram運営側への要望として「悪口だけ書くような目的のアカウントは作れないようにできるようになっていけばいいな」とつづる。優木の意見に対して、ファンからも「運営側で何とか対策を打って欲しい」との声が上がっていた。

なお、優木による当該投稿は現在では削除されている。

[HEW]