-->-->-->-->-->

「3年で「自律走行タクシー」を実現へ──メルセデス・ベンツが無人配車サーヴィスへの参入を表明」の写真・リンク付きの記事はこちら

完全なる自律走行車の実現をめぐる競争はすでに大混戦状態だが、その状況がさらに激化しそうだ。メルセデス・ベンツの親会社であるダイムラーは4月4日、無人配車サーヴィスをわずか3年で実現させる計画を発表した。

このような計画を発表するのは、ダイムラーが初めてではない。フォード[日本語版記事]とBMW[日本語版記事]も、2021年までに同様の計画の実現を目指している。ゼネラルモーターズ(GM)やグーグルのWaymo(ウェイモ)は時期こそ明言していないものの、同じような時期に実現する考えだ。一方、Uberは昨年9月からピッツバーグ市内で自律走行車の運用を始めている(システムを監視するために前席に乗員2人が乗っている)。

まだ萌芽期とはいえ、どの企業も大きな利益が見込める配車サーヴィス事業への参入ルートとして、自律走行車に目をつけている。Uber──赤字だが配車サーヴィス市場を独占している──の時価総額は、約700億ドル(約7.7兆円)だ。(自律走行車によって)賃金を要求する人間の運転手がいらなくなることを考えれば、その見返りは大きい。そのことは、一部または完全な自律走行車の今後7年間の市場価値が420億ドル(約4.6兆円)、2035年までに770億ドル(約8.5兆円)になると推定されている大きな理由のひとつである(Boston Consulting Group調べ)。

「オンデマンドでのモビリティの提供は激しさを増しています」。Delphi(デルファイ)のCTOであるジェフ・オーウェンズは昨年12月、『WIRED』US版の取材に対してそう語っている。

ダイムラーのDAY1

世界最古の自動車メーカーのひとつであるダイムラーは、自律走行に関して新参者ではない。2015年、同社は世界で初めて自律走行トラック[日本語版記事]のコンセプトモデルを発表した。さらに長年にわたって自社のクルマに半自律走行機能を搭載している。「ドライブパイロット」と呼ばれる機能で、クルマを車線内に保ち、ほかのクルマから安全な距離を維持するシステムである。これはテスラのオートパイロット機能によく似たものだ。

しかし、人間を一切必要としない完全自律走行の実現となると、新たなノウハウが必要となる。このためにダイムラーは、大手自動車部品メーカーのボッシュと新たにパートナーシップ契約を結んでいる。さらに自律走行車による配車サーヴィスを実現するために、ダイムラーは彼らがもつカーシェアリングサーヴィス「Car2Go」と、2014年から運営しているUberに似た配車サービヴィスアプリ『Mytaxi』から得た経験を生かしていくことになるだろう。

しかし、注意すべき点もある。ダイムラーはサーヴィスの開始時期を明言しておらず、わかっているのは「2020年代の初頭」という情報のみだ。さらに、どの地域で実現させるかも発表していない。現実的にはヨーロッパよりも、規制の緩い米国の方が実現の可能性が高いだろう。自律走行のテクノロジーがどのように機能するのか、市場に流通させられる状態にどれだけ近づいているのかといったことについても、彼らはわずかな情報しか明らかにしていない。「われわれは、自律走行技術を成熟段階に引き上げようとしています」と、ダイムラーの自律走行部門を統括するアクセル・ゲルンは言う。

仮に自律走行車が実現する日が来たとしても、「未来がやってきた」とは感じないだろう。最初は、現在のUberと同じように、ダイムラーも安全管理のために人間の運転手をクルマに乗せ、慎重に測量された都市部で、かつ天候がいいときのみ運用する可能性が高いとゲルンは言う。しかし、「DAY1」は始まりにすぎない。正式に自律走行の実現をめぐる競争への参入を決めたダイムラーは、勝利に大きく近づいたのである。

RELATED

レヴュー:これは運転したくない、メルセデス・ベンツの未来のクルマ