益若つばさ

写真拡大 (全10枚)

モデル益若つばさが所属する事務所「エイジアプロモーション」によるモデルオーディション「エイジアグループPresents セルフィーオーディション2016」の最終審査が27日、都内で行われ、愛媛県在住の中学3年生、岡本莉音(おかもと りおん、15歳)さんがグランプリに選ばれた。

応募総数11,613人名の中から、TOP合格を果たした岡本さん。決め手となった点が明かされた。

その審査段階から、先輩モデルの益若が参加。選考理由について「他の方よりオーラがあった」と説明した。「でも、それよりインパクトがあったのは、こんなに可愛いのに、突然『渡辺直美さんのダンスを踊ります』と言って踊り出したこと。それがキレキレのダンス。度胸の良さを感じて、外見とのギャップに、審査員の全員がひきつけられた」と内面でも光っていたという。

評価をもらった、15歳の岡本さん。憧れの存在は「誰もが知っている菜々緒さんです」とキッパリ話した。

応募のキッカケを聞いてみると「小さい頃からモデルに憧れていて、沢山のオーディションを探しました。挑戦したのは2回目です」と明かしていた。

審査員特別賞は、静岡県出身の渥美華菜(あつみ かな、18歳)さん、静岡県出身の鈴木月(すずき るな、12歳)さん、京都府出身の照井江和(てるい こごみ、13歳)さんの3名が受賞していた。

益若は、オーディションを勝ち抜いた4名に「ウチの事務所は、他と比べて個性を重視してくれるところです。皆さん、これからたくさんの人に会って、それぞれの持ち味を磨いて欲しいです」とアドバイスをおくっていた。

なお、発表会場には、同事務所のモデル・近藤千尋、黒坂莉那も登壇していた。

▼ グランプリに輝いた、岡本莉音さん



▼ 岡本さんにティアラを載せた、益若つばさ



▼ グランプリの岡本莉音さん



▼ グランプリの岡本莉音さん



▼ 益若つばさ



▼ 近藤千尋



▼ 黒坂莉那