1
 

2017年には、OLEDディスプレイ搭載の「iPhone8」と、現在と同様の液晶ディスプレイ搭載の「iPhone7s/7s Plus」が併売され、iPhoneシリーズの販売数は2016年に比べて20〜60%も伸びる、との予測が発表されました。

2017年、OLEDのiPhone8と液晶のiPhone7sが併売される!

Apple関連情報の正確さで定評のあるKGI証券のミンチー・クオ氏が、2017年に発売されるiPhoneについて、有機EL(OLED)ディスプレイ搭載の「iPhone8」と、従来と同じ液晶4.7インチと5.5インチのディスプレイ搭載モデルの「iPhone7s」とが併売される、との見解を発表しました。
 
初代iPhone発売10周年モデルとなる「iPhone8」は、外観デザインが大幅に刷新され、Touch IDセンサーや受話部を5.1〜5.2インチのディスプレイに埋め込んだデザインになる、と噂されています。

微妙なポジションの「iPhone7s Plus」は価格引き下げ?

5.5インチ液晶ディスプレイ搭載の「iPhone7s Plus」は、4.7インチの「iPhone7s」とOLEDディスプレイ搭載の「iPhone8」に挟まれて「微妙なポジション」になることから価格が引き下げられる、とクオ氏は予測しています。
 

 
現行のiPhone7 Plusは、iPhone7に13,000円上乗せした価格設定となっていますが、この差が縮まりそうです。

2017年、iPhoneの出荷台数は前年比20〜60%の大きな伸び

クオ氏は、2017年後半に発売されるiPhoneシリーズの出荷台数は、9,000万台から1億2,000万台になる、と強気の予測を立てています。なお、2016年の予測は7,500万台だったので、20%から60%もの大きな伸びとなります。
 
クオ氏によると、2017年の新モデルの販売のうち、「iPhone7s」の割合は30〜35%程度にとどまり、「iPhone8」が50〜55%を占めることになるだろう、とのことです。

iPhone8は主にFoxconnが製造を担当か

製造を担当するサプライヤーについてクオ氏は、OLEDモデル「iPhone8」の製造は主にFoxconnが担当し、iPhone7sはPegatronが独占受注するだろう、と予測しています。
 
iPhone7s PlusはWistronが担当するものの、iPhone全体の10〜15%にとどまるだろう、と見ています。

OLEDの供給不足問題が解決?

なお、OLEDはサプライヤーの製造可能数が不足する、と噂されていましたが、今回のクオ氏の予測は、OLED搭載モデルが4,500万台から6,00万台出荷されることを意味します。これは、OLEDの供給量が以前の噂よりも多いためではないか、とApple Insiderは指摘しています。
 
なおクオ氏は、2017年のiPhoneは、ワイヤレス充電に対応するためにボディがガラス製になる、とも述べています。
 
 
Source:Apple Insider
Photo:iDROPNEWS, Apple
(hato)