『しくじり先生』ではオリエンタルラジオ、杉村太蔵氏などの「神回」が生まれた

写真拡大 (全2枚)

 過去に大きな失敗を体験した“しくじり先生”たちが、自分のようにならないようにと人生の教訓を伝授する、面白くてタメになる教育バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系・毎週月曜20時〜20時54分放送)。特にオリエンタルラジオ杉村太蔵氏の放送は、未だにネットで話題となっている。どのように「神回=面白すぎる回」が生まれたのか、北野貴章ディレクターに誕生秘話を聞いた。

――深夜レギュラーの初回、オリエンタルラジオさんの回は、どのように制作されたのでしょうか?

北野:オリラジさんの回は打ち合わせのときから“特殊“だったんですよ。「天狗になりすぎちゃった先生」の台本を作って2人に見せたら、中田(敦彦)さんが「ぼくからいいですか」とノート開いて。自分で授業の台本を作ってきたんです。それから、番組のときと同じ熱量でぼくらスタッフの前で授業を始めたんです。

 しかも、マイルドな内容に抑えるんじゃなくて、そこまで言っていいの!?という内容で、勢いのあるものでした。実際に放送した教訓「なりたくてなる天狗はいない」「天狗には自覚症状がない」などは、中田さんが考えたものです。こちらで考えていた教科書もあったのですが、そうした内容を引き取って、一から教科書を作り直しました。

――中田さん発の部分はかなりあったんですね。

北野:そうですね。放送後、面白い回になってすごく感謝して、オリラジさんのライブを見に行ったら、2人が『しくじり先生』のことを話してたんです。2人は「あの番組、潰してやろうと思った」と言っているわけです。

 ぼくらは、プライドが高いといわれる2人に対して「あなた、しくじってますよね」と指摘したわけですよ。しかも番組レギュラーは、若林さん(オードリー)、吉村さん(平成ノブシコブシ)で、ちょうどオリラジさんが落ち目のときに、『笑っていいとも!』などでレギュラーとして入れ替わったメンバーなんです。自分たちがどん底の時期に売れてきたメンバーの前で、しくじった話をしなきゃいけない。

 それで、「今後、1回目を超えられないくらい面白い授業をやってやろう!」と。「俺以上に面白い先生なんか現れねえぞ。番組、潰してやろう」というモチベーションで授業をしてくれたんです。きっかけは負なんだけど、突き抜けてポジティブなんです。だから、あれだけ熱のある、神回といわれる、すごい授業になったと思います。

 その後にダレノガレ明美さん、獣神サンダー・ライガーさんの授業を見たそうで、「勝った!」ってライブで言ってましたから。だからぼくは、「オリラジの回を超えてやる!」と意気込んで、杉村太蔵さんの回を作ったんですよ。

――杉村さんの回では、面白くするためにどんな工夫をしましたか?

北野:あの回は杉村さんのキャラで突っ走ったという感じです。教科書を超えるときがあるんです。そういうときって、場の空気が変わるんですよ。生徒はキラキラした目になるし、先生は教科書に書いていないことをどんどん話す。

 杉村さんの回は、内容がヤバくてカットしたところもありますし、ピー音が入ってる新幹線の話とか、“二股三股当たり前”とか、“エロビデオ借りてた”とか、教科書に書いてないですし、誰も聞いてないですから(笑い)。杉村さんは、ツッコまれて、テンションが上がってくるんでしょう。

 先生たちのプレッシャーって半端ないんですよ。自分のせいで面白くなるかどうかが決まるから、気合いが入ってるんです。そんなときに、自分が言ったことがはまってウケたら、どんどん言いたくなるのかもしれないです。

――ところで、若林さんを担任役に選んだのは、なぜですか?

北野:まずは、MCをなくしたかったんです。先生がメインなので、そこで進行役を作っちゃうと、その人の番組になってしまう。だから担任と生徒だけにして、メインは先生という形にしました。

 そして若林さん、吉村さん、澤部さんもそうですけど、ツッコミにトゲがないんです。愛があるツッコミをしてくれる。「しくじってもいいんだよ」というコンセプトがあるので、しくじってるけどかっこいい、といういじり方をしてくれるのが、あの3人です。

――今までの放送で、ハプニングはありましたか?

北野:かなりありますよ。担任や生徒に、どんな先生が来るかとか、事前に授業内容を教えていませんから。教科書が机の上に置いてあって、先生が「次のページ」と言うまで、絶対にめくらないでくださいとお願いしているのですが、先を見た人がいるんです。

 それが誰かは言えません。いつか授業をしてもらおうと思っているので(笑い)。先に教科書を見てしまうと、リアクションが嘘くさくなるし、興味をもって「何でですか?」と質問してほしいじゃないですか。リアクションを決められると、コントになっちゃうので。

――これを知っているとより番組を楽しめるというポイントはありますか?

北野:細かい話ですけど、こだわっているところがあります。黒板には何月何日何曜日のところに記号が入ってますけど、その記号は先生に関係があるアイコンにしています。辺見マリさんの回は蛇のマークです。あと、日直の名前は、担当のディレクターと作家の名前です。

 教室に張ってある習字は、過去にしくじった先生のしくじりや、生徒の目標の一言です。あと、廊下にエレベーターがあるんですけど、常に故障中。細かいネタですけど、チェックしてみてください(笑い)。

――今後狙っているしくじり先生役はいますか?

北野:ミステリー系をやりたいです。洗脳された辺見マリさんの授業は、サスペンス映画のつもりで台本を作ったんです。なので、また洗脳シリーズをやりたいです。

◇しくじり先生 俺みたいになるな!!
テレビ朝日系で、毎週月曜20時放送。大きな失敗をしてしまった「しくじり先生」が、「自分のような人間を増やすまい!」としくじった経験を教える、バラエティー番組。2014年10月2日から放送(過去に3回特別番組あり)。当初は深夜枠だったが、4月20日からゴールデンに移動した。2016年1月1日23時40分〜24時40分放送『しくじり先生 2016しくじり初め元日SP』(※一部地域を除く)、1月2日7時〜13時『しくじり先生 怒涛の6時間!しくじり駅伝SP』(※一部地域を除く)、1月11日19時〜21時48分『しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間SP』が放送される。