30日、中国版ツイッター・微博で、中国でこのほど少女アイドルグループ「56輪の花」が結成されたことを伝える投稿があった。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

写真拡大

2015年6月30日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、中国でこのほど少女アイドルグループ「56輪の花」が結成されたことを伝える投稿があった。

【その他の写真】

投稿者は、「世界で最も人数の多いアイドルグループ『56輪の花』は、最も美しいチャイナドリームだ。プロデューサーによれば、56輪の花は日本や韓国のように市場にこびるのではなく、民族の情感を全面に出していくそうだ」と伝えた。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「これはさすがに恥ずかしい」
「これってラジオ体操をするグループ?」
「市場ニーズがないことは一目で分かりますが」

「これってどこの学校の学芸発表会?」
「俺はてっきり何かのいたずらかと思ったら、本当にあるんだ…」
「こんなものを出してきても、ますますAKB48が好きになるだけだ」

「ハハハ!これでSNH48も生き残れなくなっちゃうな」
「だれがAKB48は48人しかいないって言ったんだ?」
「市場にこびないのなら、存在価値があるのだろうか」

「俺は愛国者だが、これを見ても国を愛する気にはなれない…」
「入党者が減っていて党存続の危機にある中で、この56人はアイドルになることで党を宣伝し、入党者を増やすことを考えだしたのだな」

「なんだか北朝鮮みたいな感じがする」
「こういうのは北朝鮮がやることだろ。どこのばか会社がこんなものを出してきたんだ?」(翻訳・編集/山中)