地元・福岡の女子高生だった山本美月(上)、上京し華やかなモデルの世界へ/「CanCam」4月号CMより(画像提供:小学館)【モデルプレス】

写真拡大

【モデルプレス】ファッション誌「CanCam」専属モデルで女優の山本美月が、幼少期から現在に至るまでの秘蔵ショットと共に当時の心境を振り返った。

【動画を見る】あどけない制服姿も!山本美月の人生を振り返る新CM

23日発売の「CanCam」4月号のCMで主演をつとめた山本。「新生活を、CanCamと。」をコンセプトとしたCMは、不安と期待が入り交じる中、地元・福岡から上京し、ゼロからモデルの仕事を始め、現在は第一線で活躍する山本のこれまでの人生がドキュメンタリータッチで描かれる。

◆自分から動くことが大事

物憂げな表情でバスに揺られるシーンからスタートし、あどけなさの残る高校時代の制服姿、おにぎりを頬張る幼少期の秘蔵ショットも公開。山本は「大学から東京に出てきたので、おしゃれにすごく疎くて、全然ただのイモでした。写真見たらみんなイモって言いますもん(笑)。(ファッション誌は)完全に別世界だと思っていたので、自分が載るっていうことは全くもって考えてなかったですね」と振り返り、「CanCam」モデルデビュー後は「わからないのは当然だから、何度も何度も先輩に相談しました。ポージングが本当に下手だったので、結構がむしゃらに家で練習したりして。やれることはやろうみたいな感じ」と試行錯誤の日々。「テンパってた部分もあるし、周り見えてなかったけど、自分から動くことが大事かなって」と語っている。

バスのシーンは東京が記録的な大雪となった日に撮影。撮影中は窓が曇らないようバスのエアコンを切り、時折、窓を全開にして水滴を拭くなど、極寒の中での撮影だったが、それを微塵も感じさせない表情に現場のスタッフは「さすが」と感嘆。CM中の「みんな最初は新人だ」のコピーは山本の直筆で、就職や進学など、新たなスタートを切る人々の背中を押す仕上がりとなっている。(modelpress編集部)

情報提供:「CanCam」(小学館)

■山本美月(やまもと・みづき)プロフィール
生年月日:1991年7月18日
出身地:福岡県
星座:蟹座
血液型:O型
身長:167cm
趣味:漫画、アニメ、絵を描くこと
特技:テニス

2009年7月、「第1回 東京スーパーモデルコンテスト」でグランプリを受賞後、「CanCam」2009年12月号で表紙を飾り、同誌専属モデルデビュー。2011年にはフジテレビ系「幸せになろうよ」で女優デビュー、2012年には映画「桐島、部活やめるってよ」で映画初出演を果たした。4月スタートのNHKドラマ「64(ロクヨン)」(総合・毎週土曜日/連続5回)に出演する。