ハヤカワ五味さん/CAMPFIREプロジェクトページより

写真拡大

品乳(貧乳)向けランジェリーブランド「feast」の代表をつとめるデザイナーのハヤカワ五味さんが、多数の若手クリエイターを巻き込んだ未体験新型ファッションショー「RPG」の開催に向けて、クラウドファンディングサービス・CAMPFIREにて資金を募集している。

この企画は11月30日(日)に渋谷のライブハウス・GARRET udagawaでの開催を予定しており、目標金額は25万円。10月30日(木)まで支援を受け付けている。



450セットの貧乳ブラが即完!


シンデレラバストの女の子に向けた天使になれるランジェリー/「feast」より

シンデレラバスとの女の子に向けた天使になれるランジェリー/「feast」より



ハヤカワさんは多摩美術大学に通う現役女子大生

2011年に高校1年生の頃からアクセサリー類の製作を始め、自身のデザインした「二兎タイツ」や「キリトリ線ストッキング」、「木目調ストッキング」などがTwitter上で話題となり、注目を集めた。

2014年8月には、胸の小さい女性をターゲットとしたランジェリーブランド「feast」を立ち上げ、販売した商品450セットが1日で即完。10月中旬には新作の予約受付を開始する。

様々な媒体を通して服の魅力を引き出す


今回企画中のファッションショーは、「feast」の姉妹ブランドにあたる「GOMI HAYAKAWA」の新作お披露目会として開催。

ハヤカワさんのモットーである「人をデザインする」を達成するために、DJやVJ、ショートムービーなどを集めた、ファッションショーの枠にとらわれないパフォーマンスが行われる。



YouTubeに投稿された「RPG」告知動画では、ハヤカワさん自身が「モデルだけではなく、映像などの媒体を通して服の魅力を引き出す実験的なファッションショーとなっています。その実験の研究費として、色々な方からご協力を頂ければ」とコメントしている。

今回集まった資金は、会場レンタル代とプロモーション用のショートムービー制作費に充てられる。

支援した方には金額に応じて、限定公開映像や先行入場チケット、手書きメッセージ入り新作カタログ、スタッフカラーのロゴTVシャツなど、様々なプレゼントが用意されている。