悪い方向に考えた

写真拡大

「まさか、自殺とは」

テレビリポーター奥山英志の死について、生前の彼を知る友人や芸能界の仕事仲間は一様に驚いている。テレビ画面で見せていた屈託のないチャーミングな笑顔の裏で、人知れぬ悩みがあったのか。「とくダネ!」は自殺とみられるその死の原因を探った。

仕事はないか…、母親の看病で疲れた…

40年来の友人という歌手のあべ静江は「もっと強い人だと思っていた。まさか自分で命を断つとは」。ゴルフ仲間のタレント池谷直樹は「本当にみんなの前では明るくて、そんな風に見えなかった」。高校の同級生だった千葉県知事の森田健作は「母親の看護で心身ともくたびれていたと聞いていたけど、だからといって(自殺は)考えられない」。取材で取り上げた双子の長寿姉妹のきんさん、ぎんさんには孫のように可愛がられていたが、2人の家族は「(きんさん、ぎんさんは)そんな慌てて(天国に)来んでもええのにと言ってるわ」と驚いていた。

ここ数年、仕事が減り、家族の介護の問題も抱えていた。リポーターの平野早苗が奥山の心の変化を思いたどる。2007年ごろから友人で脚本家の横沢丈二に死生観を語るようになり、「死ぬ時は潔く死にたい」と漏らすようになった。去年(2010年)6月、番組の元スタッフに「死ぬ時は迷惑をかけない。人にも言わない」と話し、今年1月には横沢に「仕事はないか。ドキュメンタリーでナレーションをやるのは意義がある」などと語っていた。そして、3月の東日本大震災後に行方不明となり、4月に遺体が発見された。平野は「仕事と家族の間で悩み、精神的にも弱くなっていたのかもしれない」と話す。

 

バタッと収入途絶え、どんどんなくなる蓄え

司会の小倉智昭がしみじみいう。

「僕らの仕事はハローワークで紹介してもらうもんでもないし。いつ仕事がバタッとなくなるか、その恐怖の裏表で仕事をしている」

芸能デスクの前田忠明も「仕事がなくなれば蓄えもどんどんなくなる。それに加えて母親の介護のこともあり、肩にいろんな要素が圧し掛かり、悪い方向に考えていってもしょうがなかったのかなと思ったりもする」と沈痛な表情だ。

テレビの情報番組の世界でさまざまな生と死を取り上げてきた自分の死が、このようにリポートされると彼は思っていただろうか。