AKB48最年長の大堀恵 ″最下層アイドル″の処世術を大激白

写真拡大

 8月22日、23日の武道館公演を成功させ、ついにシングル「言い訳Maybe」が発売初日のデイリーチャート1位を記録したAKB48。だが、研究生を含め66人(8月末現在)いるメンバーのなかから、この曲に参加しているのは21人のみ。同じグループでありながら、メンバーはシングルに参加する"選抜メンバー"に選ばれるために熾烈な生存競争に身をさらされ、切磋琢磨している。その中で、最年長26歳というハンディを背負いながら、それを武器に変えて、自らの居場所を切り開いてきた"めーたん"こと大堀恵がAKB48から初のエッセイを発売。その名も『最下層アイドル あきらめなければ明日はある!』(WAVE出版)。学生時代のイジメ、チームKメンバーとの絆、「1万枚売れなければ強制卒業」の"大堀めしべ"の真相と家族崩壊の危機までを赤裸々に綴った大堀に、出版への思いを聞いた。

――その後、日本テレビのAKB48冠番組『AKBINGO!』に出演。企画でほぼ90度の傾斜の滑り台から直滑降しながらもピースサインを見せたド根性を買われ、秋元氏から"大堀めしべ"としてのソロデビューを言い渡されました。でも、それは『1カ月以内にソロデビューシングル「甘い股関節」が1万枚売れなければ強制卒業』という厳しいルールが課せられたものだった。

大堀 せっかく上り調子で順風満帆だったのに、こういうことかと。25歳(当時)でソロデビューなんて、そんなおいしい話は簡単にないんだと思って、また、どん底に落とされましたね。1万枚を売るために地方の宴会場回りさせられたりして、それでもまったく売れなくて、家にいると震えてしまって何も手につかない。しかも私のブログには中傷コメントもどんどん書き込まれて、「バカ」「死ね」「すぐ卒業しろ!」とか書かれて......。でも、それは私のことを注目してくれている証拠。だったら、アンチ上等だと、アンチも味方につけるつもりで、"ドM精神"で何とか乗り越えました。

――最初に、今回の出版の経緯を教えてください。

大堀 「大堀恵の『受粉計画』今夜は、どうかしらぁ?」という、タイトルのブログをやらせていただいていて、自分が感じたことを文章や写真で表現するのが、楽しいと感じていました。これを何かにつなげられないかと、書き留めていたものが本になった感じです。

――そもそも05年12月のAKB48結成当初は、めーたんは劇場併設カフェの店員、通称"カフェっ娘"だった(現在はカフェはグッズショップに)。そこからオーディションでチームKに選ばれたものの、苦労の連続だったそうですね。

大堀 カフェにいて、いつもキラキラ輝いているチームAのメンバーを見て、憧れていました。そしたらある日、突然一緒にカフェで働いていた篠田麻里子ちゃん(チームAメンバー。雑誌「MORE」モデルとしても活躍)がメンバーに選ばれたんです。「1日で人は変われるんだ!」って、びっくりしました。そして次の第2期オーディションで、私はチームKに加入したんですが、メジャーデビューシングルの「会いたかった」発売の時に、私は選抜から漏れてしまいました。カフェで働いていた経験がある分、ファンの方にも知られている私は自信があったのに......。その日は、ご飯ものどを通らないし、お客さんの前に立っても震えちゃって、本当に大変でした。

――そして、チームAより後発のチームKには、ファンの風当たりも強い時期があったとか。

大堀 Kには、私と干支が一回り違うまーちゃん(奥真奈美)もいるので、私は母親役でもあったんです。ファンの方から「Kは(ファンに)甘えすぎなんだよ」と罵倒されたこともあって、そんな時に泣いているメンバーをかばうのが私の役目で。正直、自分のことは後回しになっていました。でも、AとKをシャッフルした「ひまわり組」を行うことになって、その時にファンの方から「これでやっと自分のことだけ考えられるね」とファンレターをいただいて、本当に励まされました。

――K発足から1年3カ月後の07年7月からスタートしたA・Kシャッフルの「ひまわり組」公演。そこがめーたんの転機になった?

大堀 気がついたらアイドルとしての寿命があとわずかしかない! と思って、そこからは、がむしゃらになりました。ダンスや歌ではほかのメンバーに負けるかもしれないけど、私にはMCのトークがある(AKB48の劇場公演には2時間の公演のうち5分ほどのトークコーナーが数回あり、毎回テーマトークやゲームで盛り上がる)。MC中ならファンの方も私のことを見てくれる。そこでちょっとエッチな爆弾発言をして、ファンの皆さんの脳裏に焼き付けるようにして、曲中もメンバーを押し倒したり、衣装を脱いで振り回したりして、暴走しちゃいました。そんなセクシー路線がファンの方にはウケて、注目してくれる人が増えたんです。秋元先生(秋元康総合プロデューサー)が劇場に来て下さった時も、今までは私のことなんて見てくれなかったのに、曲中に目で私を追ってくれているのがわかったんです。そして、私のことを欲しいと言ってくれる所属事務所も決まって、追い風が吹いてるなと思いました。

――その後、日本テレビのAKB48冠番組『AKBINGO!』に出演。企画でほぼ90度の傾斜の滑り台から直滑降しながらもピースサインを見せたド根性を買われ、秋元氏から"大堀めしべ"としてのソロデビューを言い渡されました。でも、それは『1カ月以内にソロデビューシングル「甘い股関節」が1万枚売れなければ強制卒業』という厳しいルールが課せられたものだった。

大堀 せっかく上り調子で順風満帆だったのに、こういうことかと。25歳(当時)でソロデビューなんて、そんなおいしい話は簡単にないんだと思って、また、どん底に落とされましたね。1万枚を売るために地方の宴会場回りさせられたりして、それでもまったく売れなくて、家にいると震えてしまって何も手につかない。しかも私のブログには中傷コメントもどんどん書き込まれて、「バカ」「死ね」「すぐ卒業しろ!」とか書かれて......。でも、それは私のことを注目してくれている証拠。だったら、アンチ上等だと、アンチも味方につけるつもりで、"ドM精神"で何とか乗り越えました。

――「甘い股関節」を売るために"ハグ会"も行っためーたん。それを知った家族との間には確執が生まれてしまったとか。

大堀 自分がもし家族の立場で、娘が裸同然の衣装で"ハグ会"やるって言ったら、そりゃ止めますよね。母親は、近所の方から「お宅の娘さん、なにやってるの」「恥ずかしくないの」と言われたそうで。だったら私に直接言えって話ですよ。でも、ここまできたら夢を叶えたいし、中途半端では終わらせられないので、10年に一度のチャンスだと思って全力で取り組みました。本当によかったと思っています。武道館のライブには、家族が来てくれて、父親が最初はムスっとした顔で見ていたんですけど、「BINGO!」という曲の時には、リズムに乗って楽しそうにしてくれたみたいです。少しずつですが、両親も認めてくれているので、今は、親孝行しなきゃなって思ってます。

――そんな家族と同様、もしくはそれ以上の固い絆で結ばれているのが、チームKですよね。1万枚を売って残留か、強制卒業かを賭けた最後の日の"ハグ会"には、チームKのメンバーが集結。年齢も性格も、芸能界での目標もバラバラだが、それ故に強い結束力で共に困難を乗り越えてきたという。

大堀 佐江(宮澤佐江)や、才加(秋元才加)は私と同じように泣いてくれて、香菜(小林香菜)は手作りのお守りを作ってくれました。一番年下のまーちゃん(奥真奈美)はずっと手を握っていてくれて、本当に仲間に支えられていると思いました。最後の日も1万枚達成できるかは全くわからなくて、過呼吸になってしまったんですが、ファンの皆さんのおかげで1万枚を達成した時の皆の「おめでとう!!」という声は今でも耳に残っています。

――3年間半に渡り、互いを切磋琢磨しあいながら、絆を深めてきたチームKでしたが、武道館公演の最後で、AKB48初の大胆なメンバーシャッフルが発表されました。めーたんはチームKからも、AKB48からも離れて、8月にスタートしたばかりの18歳未満入場禁止のオトナのユニット・SDN48に完全移籍することに。

大堀 新しいレールを敷いて頂いた秋元先生に感謝して、本当に最後のチャンスだと思ってSDN48に賭けていくしかないと思ってます。元渋谷のギャルサーの総長や、詩吟の師範代などなど個性豊かなメンバーがいて、経験がある分、MCも大切にしてがんばっています。SDN48は勇気を与えるような曲が多いので、是非見に来てほしいです。今は"18禁"ですが、18歳未満の方にも見てもらえるイベントもできたらいいですね。私個人としては、大堀恵という名前をもっと知ってほしいし、どんな仕事も大切にして、丁寧に夢への階段を登っていけたらいいなと思っています。

――大堀さんは「何ができるか」よりも「どこが空いているか」を考え、既成概念にとらわれず、自分の居場所を探してきたという印象です。その生き方を綴った今回の本は、アイドルの半生告白本だけでなく、どん底でがむしゃらに踏んばる人を応援する実用書や、AKB48の入門書としても読めると思いました。

大堀 私はアイドル業をやっていますが、働いている女性に変わりはないんですよ。26歳って新人ではもうないし、でも、まだまだ認められないし、微妙な立ち位置で毎日戦っています。私と同じように毎日戦っている方に、このエッセイを読んでもらいたいですね。どんな人にもチャンスは必ず来ると思うので、アンテナをしっかり張って、家族や恋人や周りにいるサポートしてくれる人を大切にして、がんばってほしいです。私は恋人いないですけどね......。


おおほり・めぐみ
83年8月25日、東京都生まれ。
公式ブログ『大堀恵の「受粉計画」今夜は、どうかしらぁ?』
http://ameblo.jp/ohorimegumi/



【関連記事】 「私はAKB48に必要?」AKB48・板野友美がブログで深刻な悩みを告白
【関連記事】 AKB48で"彩"が名前に付くメンバー5人に悲劇が......「悪魔の呪い」の真相とは!?
【関連記事】 本家AKB48をも凌駕するSKEの"タニマチ事情"と"引き抜き問題"
【関連記事】 ずさんすぎて支配人が土下座 パリへのAKB48高額ファンツアーは神ボッタクリ!?
【関連記事】 「ー」記号が165個!! AKB48公式ショップからファンに送信された"怪文書"