「ゆうちょPay」5月スタート、合計5億円がもらえるキャンペーンを展開

写真拡大 (全2枚)

 ゆうちょ銀行は、5月にスマホ決済サービス「ゆうちょPay」の提供をスタート。アプリをダウンロードして口座を登録した人先着100万名に現金500円をプレゼントするキャンペーンも展開する。

 ゆうちょ銀行は5月8日から、GMO ペイメントゲートウェイと連携したスマートフォンを活用し、新しい決済サービス「ゆうちょPay」の取り扱いを開始する。

 このサービスでは、ゆうちょ銀行の口座を持つ人が、ゆうちょ銀行と契約した店舗などのパートナーで代金を支払う際、専用のスマートフォンアプリを操作することで、あらかじめ登録したゆうちょ銀行口座から代金を即時に引き落とすことができる。クレジットカードの登録や事前チャージなどは必要ない、銀行口座直結型のサービスとなっている。

 サービス開始時点で「ゆうちょPay」が利用できる主な店舗は以下のとおり。

 また、2019年度上半期に、利用可能となる予定の店舗は以下のようになっている。

 ゆうちょ銀行は、GMO ペイメントゲートウェイが提供する同様の決済システムを導入している金融機関と、互いのユーザーが互いのパートナーで相互利用可能となる「銀行Pay(マルチバンク対応)」も提供する。決済システムを導入済み金融機関は、横浜銀行、ふくおかフィナンシャルグループの福岡銀行、熊本銀行、親和銀行。導入予定の金融機関は、沖縄銀行、ほくほくフィナンシャルグループの北陸銀行、北海道銀行 。

 「ゆうちょPay デビューキャンペーン」として、5月8日〜9月30日まで、ゆうちょPayを新規にダウンロードし、口座登録まで設定を完了した人のうち、先着100万名へ現金500円をプレゼントする(このキャンペーンは、キャンペーン対象者が100万名に達し次第、終了する)。

 このほかにも、アイスクリーム店やコーヒー店で使えるデジタルギフトが抽選で当たる「ゆうちょPay 公式 Twitter フォロー&リツイートキャンペーン」も、5月8日から来年の3月31日まで展開する。

MONEYzine編集部[著]

【関連記事】
「au PAY」の登録者数が10日で100万人突破
メルペイ、 サービス開始から63日間で登録者数100万人を突破
自動貯金アプリ「しらたま」、貯金総額5億円突破