「ゾフルーザ」の弱点が発覚(※写真はイメージ)

写真拡大

 インフルエンザが猛威を振るうこの季節、たった1回飲めば済む、昨年発売されたばかりの新薬「ゾフルーザ」が大人気だ。

 そんな中、国立感染症研究所から、ゾフルーザが効かない耐性ウイルスができやすい、という穏やかならぬ発表が……。にもかかわらず、これを絶賛し続けたのがテレビ東京である。提灯番組も、過ぎれば炎え上がる可能性も――。

 ***

 1月23日、テレ東の誇る看板アナ・大江麻理子嬢が司会の経済情報番組「ワールドビジネスサテライト(WBS)」では、ゾフルーザを取り上げた。ラテ欄には〈インフルエンザ新薬に注文殺到!?〉と紹介され、新薬と既存の薬との違いをわかりやすく解説。ナレーションはこう説明していた。

「ゾフルーザ」の弱点が発覚(※写真はイメージ)

〈ゾフルーザは去年3月に発売された新薬です。最大の特徴は、1回の服用で効果が期待できる点です。薬の作用も違います。これまでの治療薬は、ウイルスが細胞の外に拡散するのを防ぐ効果があるとされていますが、ゾフルーザはウイルスそのものの増殖を抑えるといいます〉

 タミフルなどの“旧薬”は、効果があると“されている”に過ぎないが、ゾフルーザは“ちゃんと効く!”と言っているようにも聞こえてくる、画期的な薬なのである。もし今年、インフルエンザにかかったらコレだな! との思いを新たにした翌日のこと――。

 国立感染症研究所は、ゾフルーザを服用した患者から薬が効きにくい耐性ウイルスが確認された、と発表したのである。いったい、どういうことなのか。

「平たく言えば、ゾフルーザの効かない遺伝子を持ったインフルエンザウイルスが見つかった、ということです。ただし、ゾフルーザの服用前にこの耐性ウイルスが見つかっていないことから、服用によって生まれたと見ることができる。つまり、多用すると、次のシーズンには効かなくなる恐れがあるわけです。ただし、これをもって“ゾフルーザはダメだ”ということにはなりません。まだ調査が必要ですし、使い方を誤らなければ大丈夫だと思います。それに、ゾフルーザは従来のインフルエンザ治療薬より耐性ウイルスが生まれやすいことは、臨床試験の段階から指摘されていました。臨床試験では、服用した成人の9.7%、小児の23.4%で耐性ウイルスが確認されています」(大手紙記者)

 え、そうなの? と思った矢先、今度は発表のあった24日のラテ欄には同じテレ東の「カンブリア宮殿」でも――。

〈インフルエンザ急拡大/受験生一家も戦々恐々/1回飲むだけ新薬とは/誕生に裏に…“マル秘”経営術〉

 臨床試験で何があったのかを報じてくれるのだろうか?

社長までヨイショ

 番組では「WBS」同様、インフルに罹った患者が医者に行き、1回飲めば済むことからゾフルーザを選び、劇的な効果があった様子を映し出す。ウイルスを排出しなくなるまでに掛かる時間は、「タミフル:72時間」「ゾフルーザ:24時間」と圧倒的な効き目であるという。

 そして、この新薬を開発・販売するシオノギ製薬(正式には塩野義製薬)を紹介。わざわざフジテレビから借りてきた「ミュージックフェア」の映像まで流しながら、ナレーションはこう言うのだ。

〈長寿番組「ミュージックフェア」でお馴染み、前回の東京オリンピックのあった1964年から1社提供で放送し続けている。代表的な薬は、解熱・鎮痛剤の「セデス」やビタミン剤の「ポポンS」など。しかし、こうした市販薬の売上は全体のわずか2%程度。ほとんどは医師から処方される薬で稼ぐメーカーだ〉

 民放他社のディレクターが言う。

「もともとWBSでも昨年の発売開始の頃から、何度もゾフルーザを取り上げていましたから、熱心に報じていたことは間違いありません。『カンブリア』には、ゲストにシオノギの手代木(てしろぎ)功社長を迎えていましたが、ゾフルーザの報道があったその日でしたから、タイミングが悪すぎます。手代木社長が経営に当たるようになり、10年でシオノギの価値は5倍になったとか、その手腕が“手代木マジック”と呼ばれているとか……シオノギは『WBS』や『カンブリア』の提供はしていませんが、いくら何でも持ち上げすぎでしょう」

 とはいえ、「1つの新薬ができるまでに予算は1500億円前後、期間は早いものでも9〜10年は掛かる」という社長の言葉には、一般人には大変だなあと思わせるものがあった。それが手代木社長の代となってから、十余年で7つの新薬を開発したというのである。

「ゾフルーザの場合を具体的に番組で説明していましたが、短くても5年は掛かるという臨床試験を、手代木社長が『半分の期間でクリアしろ!』と命じたというシーンで、さすがにアチャーと思いました。担当者が3年で臨床試験を済ませたことを苦労話として報じていましたが、“臨床で耐性ウイルスが出ていた”って発表の直後だったでしょ。それに、“排出するウイルス量が減ること”が本人の症状改善や重症化を防ぐか、また、他人に伝染する可能性が下がるかについては、まだわかっていないそうなんです。もちろん承認もされているわけですから問題ないのでしょうが、『臨床を大慌てでやったせいじゃないのか』などと誤解する視聴者もいるかもしれません。また、番組内でゾフルーザを推奨していた医師が、インフルエンザ薬の使い分けの重要性について、放送の数日前に医薬品専門紙に執筆しているくらいですから、注意事項くらい入れても良かったと思います。薬事法違反とまでは言いませんけど、ちょっと飛ばしすぎでしたね」(同・民放ディレクター)

 持ち上げるのもほどほどに――。

週刊新潮WEB取材班

2019年2月3日 掲載