映画『ルイスと不思議の時計』日本語吹替版完成会見に出席した松本梨香 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 声優松本梨香が24日、都内で行われた映画『ルイスと不思議の時計』(10月12日公開)日本語吹替版完成会見に出席した。

【写真】会見にサプライズ登場した宮沢りえ

 「ハリー・ポッターの原点」ともいわれる、ジョン・ベレアーズの著書を映画化した本作。両親を亡くした主人公の少年ルイスが、ポンコツ魔法使いの叔父ジョナサンや隣人で一流の魔女でもあるツィマーマンとともに、時計であふれた屋敷の中で世界を破滅に導く“時計”を探し出す姿が描かれる。映画には高山みなみ、松本、矢島晶子、本名陽子と、日本を代表する人気アニメの主役を務めてきた声優陣が出演する。

 高山は『名探偵コナン』の江戸川コナン役、松本は『ポケットモンスター』のサトシ役などで知られる声優。松本は高山が演じるルイスの初めての友達・ターピー役を務め「コナンとサトシが友達ってすごくないかな!?」と、撮影現場で高山と会話で盛り上がったことを告白。「(役も)そういうイメージでやったら楽しいなと思って。このようなキャスティングをしていただいて、自分もワクワク、ドキドキしています」と伝えた。

 しかし演じる際に勘違いもあったそうで「アニメの方では男の子の声が多いのですが、洋画だと女性をよくやっていて。最初は高山みなみさんが演じるルイスのお母さん役だと思って練習をしていたら、『違うの? 男の子役なんだ!』というのがありました」と、笑わせた。

 会見には『クレヨンしんちゃん』の元・野原しんのすけ役で知られる矢島も登壇。高山と松本とは別々でアフレコすることが多く、2人の声を聞きながら収録したと話し「大変助かりました。2人の声を聞けたので、同級生という立場で自然に演じれました。何も考えずにできたのは先輩方のおかげです」と感謝。先輩と言われた松本は「たいして変わらないですよ」と恐縮すると、矢島は「いや〜、先輩っすよ! 先輩!」と、しんちゃんがサトシを慕うというレアな光景に会場は和んでいた。

 会見には、ジョナサン役の吹替を担当する佐藤二朗、一流魔法使いツィマーマン役の宮沢りえも登壇した。