Photo by Win McNamee/Getty Images

写真拡大

 人は嘘をついている時はまばたきの回数が多くなると言われているが、トランプ米大統領は「まばたきする回数以上に嘘をつく(回数が多い)」とスペイン紙『El Pais』が今年の5月に大きく見出しを打って批判したように、スペイン語圏の各メディアではトランプ米大統領の嘘が取りざたされる頻度が上がってきている。

 米国でニューヨークを基盤にしたスペイン語紙で最も古い『EL DIARIO』(2018年5月1日付)はトランプが大統領に就任してから<466日が経過した時点で、3001回の虚偽あるいは誤解を招く発言を繰り返した>と報じた。更に同紙は、<それは一日に平均して6.5回の嘘をついていることになる>と指摘し、<ワシントンポストが彼が就任してから最初の100日間に一日4.9回の嘘をついていたことを上回る回数になる>と述べた。

 同紙によれば、トランプは「これまで歴代で最大の税金の削減を達成した」ということを誇らしげに72回も繰り返しているというが、それは嘘であると指摘している。事実はその削減規模は8番目に位置するものだそうだ。

「メキシコとの国境の壁が麻薬の密売を阻止することに役立っている」ということも34回も繰り返しているが、麻薬は国境にある地下トンネルや他の手段を通して米国に持ち込まれているということに彼は気が付いていてもそれを敢えて隠そうとしているという。理由は、メキシコとの国境の壁を建設すれば不法移民の入国そして麻薬の持ち込みも防ぐことができると強調したいからである。

 なぜこのように嘘ばかりになるのか?『El Pais』(2018年8月4日付)によれば、トランプ大統領は側近のコメントやアドバイスに耳を貸すことなく、彼自身が勝手に判断したことを事前の熟慮もなく思いつくままに発言する傾向にあるから、嘘や誤った情報を提供することになると結論づけている。

 また同紙は、トランプ大統領が<この2か月で1000回の嘘あるいは誤解を招く発言をしている>ことを取り上げ、<一日に16回の嘘をついている>とも報じている。

 トランプが特に事実を歪めたり、嘘をつくことが集中しているのは経済、移民、ロシアが絡んだ陰謀についてであるという。今年に入って7月までで彼の言及に不明瞭さや嘘偽が観察された機会は2016回あるという。結局、大統領に就任してからそれが合計4229回観察されているとしている。

 例えば、最近5か月でトランプは、「メキシコとの国境の壁を建設している」と30回発言している。ところが、実際には16億ドル(1760億円)の予算を使って行っているのはこれまで既に存在している壁を改造してより強固なものしているということで、決して新しく壁を建設しているというのではないということ。トランプはその事実を伝えることをせず、彼自身が勝手に事実を歪めて伝えているのである。(参照:『El Pais』)

 また、トランプは、「北大西洋条約機構(NATO)に米国はGDPの4.2%を充てている」と発言しているが、実際には3.5%が正解である。(参照:「El Mundo」)

 トランプは、「戦闘で亡くなった兵士の家族に電話を掛けることなどはこれまでの大統領はしなかった」とも発言しているが、これが嘘であるのは明白なこと。また、「オバマケアは廃止となった」と発言したこともあるが、当然これも嘘である。トランプがオバマケアを廃止しようとして出来ず、それを改正することも出来なかったことを彼は隠そうとしているのである。(参照:「El Pais」)

 スペインの『Antena3 TV』のよれば、オバマ前大統領とトランプ大統領のご情報発信頻度を比較すると、前者は25%に対し、後者は70%になるという。また、トランプにとって嘘をつくというのはもう癖になってしまっていると指摘している精神科医もいると述べている。

 8月5日には遂にトランプは、彼の息子のドナルド・トランプ・ジュニアーがニューヨークのトランプタワービルで、ロシア人の弁護士を含めたグループと対立候補ヒラリークリントンについての情報を入手するために会合を持ったことを認めた。これまでの彼はそれを否定していたにも関わらず、である。(参照:「OK Diario」)

 嘘は何れバレる。それを繰り返しせば繰り返すほどそれが事実でないということがより早くバレることなる。トランプ大統領はこの落とし穴に自らはまるのも早くなっているようだ。

 ただ、権力者の嘘を嘘だと逐一厳しく指摘し、広めることができるメディアの力も必要なのは言うまでもない。

<文/白石和幸>
しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営する生活。バレンシアには領事館がないため、緊急時などはバルセロナの日本総領事館の代理業務もこなす。