前半11分、川島のパンチングがセネガルFWマネに当たり失点を喫する【写真:Getty Images】Football ZONE web

「キャッチするべきだった」岡田武史氏が先制を許した川島永嗣に苦言

ざっくり言うと

  • 現地時間24日、日本代表はロシアW杯でセネガルと対戦し、2−2で引き分けた
  • 解説の岡田武史氏は先制点を許したシーンを回想し、川島永嗣のプレーを指摘
  • 「分かっていると思うけど、川島はキャッチするべきだった」と苦言を呈した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング