タレントのマツコ・デラックス

写真拡大

 タレントのマツコ・デラックス(45)が4月30日放送のTOKYO MX「5時に夢中」(月〜金曜後5・00)で、老舗喫茶店の「銀座ウエスト」が、店内で騒ぐ子供を連れた客に対して「炎上覚悟」でツイートした件について言及。「ベビーカーは免罪符じゃない」とし、ウエスト側の姿勢に賛同した。

 番組では、銀座ウエストが公式ツイッターに「小さなお子様をお連れの喫茶室ご利用のお客様へのお願い」と題して投稿した話題について取り上げた。ウエストは「炎上覚悟で申し上げます」として「大きなお声を出したり、走り回るなどのお子様の行為が周囲のお客様へ多大な迷惑となっている場合がございますので、くれぐれもご注意のほど何卒お願い申し上げます」とツイート。子供を連れたすべての客を否定するわけではないことも記し「銀座は特別な場所だった、ウエストもそういう場所になりたい」と願った。

 この投稿に賛否の声が上がる中、マツコは「ベビーカーが免罪符だと思っている人も中にはいると思う。子供だから許してくださいって」と、子供の行為だからと非難を免れたい人もいると指摘。さらに「ウエストは分からないけど」と前置きした上で「客を選ぶ店があるのも事実。誰でもウエルカムって店だけじゃない」とした。

 また、デイトレーダーでタレントの若林史江(40)は1歳男児の母親の立場から、同件について言及。「子供を産んで諦めなければいけないことがあるのは、産む前から覚悟してろよと思う」と、子供連れ客には制限があることも認識すべきと説いた。