スクウェア・エニックスが発売を予定する、名作ゲーム『ファイナルファンタジーVII』のリメイク版『FF VII REMAKE』に関する求人が掲載されていると、ネットで話題になっている。

スクウェア・エニックスは現在(3月13日時点)、求人サイト「マイナビ転職」で、「制作のためのコアメンバーを募集!」と銘打ち、「FF VII REMAKEのレベルプランナー」という職種の契約社員を募集中。仕事内容は、ゲーム内のダンジョンの空間設計をはじめ、敵キャラや罠などプレイヤーの進行度に応じて適切な障害をつくるといった役割を担うレベルデザイン業務だ。

注目すべきは、仕事内容欄にある「現在のプロジェクトの進行状況」という項目。現時点で「原作をハイクオリティなグラフィクスで再現すると言う意味では満足のいく水準になっている」と順調に進行していることを明かし、そのうえで「ファンの期待に応えられる品質にはもう一段高みを目指すべきだという結論に達しました」と募集の背景にも触れている。

さらに、オリジナル版が20年以上前の作品とあって、作品ファンの応募を望んでいるわけではなく、「応募に際してFF VIIのファンである必要はありません。このテーマに関心を持ち、全く新しい発想でゲームづくりをしてください」と、プレイ経験がない人でも歓迎だという。

Twitterでは、

“グラフィクは満足のいく水準になっているがゲームの品質はまだまだ・・・といったところでしょうか。”
“スクエニの求人情報見てきたけどFF7リメイクはあと数年かかりそう、急募とか書かれてるし…”
“FF7を知らない人でもいい、って求人を今出すの…?リメイクなんだから、余計な事しなくていいんだぜ…? 不安しかないよ…?”

と、さまざまな視点から不安の声が続出。

『FF VII REMAKE』は、2015年6月に制作決定が発表された後、同年12月にトレイラーが公開された。17年には戦闘シーンとおぼしき最新画像が公開されたが、それ以来、PS4向けで分作になるとの情報のほかに目立った情報が明かされていない。

かつては作品20周年にあたる2017年に発売されるとの噂が流れたが、やはり噂に過ぎず現在もファンはリメイクを待ち焦がれている状態。リメイク発表から3年を迎えようとする今、ファンがやきもきするのも無理はない?
(山中一生)

■関連リンク
FF VII REMAKE
http://www.jp.square-enix.com/ffvii_remake/

株式会社スクウェア・エニックスFF VII REMAKEのレベルプランナー
https://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-202903-2-21-2/