50代獣医師が「ブルセラ症」に感染 症状はインフルエンザと酷似

ざっくり言うと

  • 千葉県は8日、獣医師の50代男性が「ブルセラ症」に感染したと発表した
  • 発熱や倦怠感、関節痛などが特徴で、インフルエンザと症状が似ているという
  • 感染した家畜などに触れてうつるため人から人へ感染することはないとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング