先生の言うことを聞いていたのに 子どもの悲痛な叫びを代弁する涙の法廷

ざっくり言うと

  • 東日本大震災で、津波の犠牲となった児童23人の遺族が損害賠償を求めた訴訟
  • 最終弁論では悲痛な叫びを代弁する遺族の言葉に書記官の目にも涙が浮かんだ
  • 「なぜ、先生は助けてくれなかったの」と子どもの思いを原告団長は代弁した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング