品川祐(品川庄司)

写真拡大

20日深夜放送の「俺の持論」(テレビ朝日系)で、お笑いコンビ・品川庄司品川祐が、仕事がない現状を自虐的に語った。

番組では、ゲストの品川が「人間関係を失敗し続けてきた男だから分かる 嫌われないためのコミュニケーション論」と題した持論を発表した。

全盛期の品川は、レギュラー番組を12本も抱え、執筆した小説「ドロップ」は大ヒット。さらに映画監督・脚本家としても活躍したが、当時はヘッドホンをしたまま打ち合わせをするなど、かなり態度が悪かったとか。

品川は当時について「まず相手の目も見ないですし、あいさつもしないし」と振り返る。また、番組スタッフが企画説明している際も「そんなの説明されなくても分かっているよ」など、失礼な態度だったそう。プロデューサーなどの前でも態度を改めなかったため、ついにはレギュラー番組が0本になってしまったということだった。

現在について品川は、SNSだけが唯一のレギュラーだと自虐気味にコメント。スタジオ観覧者から収入源を質問されると「貯金を切り崩したり…」と明かす。この発言には、観覧者から「なんかかわいそう…」と同情のコメントが出ていた。

ただ、嫌われキャラとしての出演は少しずつ増えてきているのだそう。その一方、かつてひどい態度で接したADなどが出世している現状を指摘し、「(自分を)公の場におびき出してボコボコにしている」と思っているとも語った。

【関連記事】
「やめてくれないかな」品川庄司・品川祐が視聴率報道に意見
品川祐 7歳の娘からの痛烈な質問に絶叫…「嫌われ芸人」のイメージが影響か
品川祐が仕事の少ない状況への不安を告白 趣味でスケジュールを埋める日々