25日、韓国の新たに始まった旅番組「チャンネツアー」の初回・日本旅行編が放送され、韓国人タレントらが大阪旅行を楽しむ様子が韓国の視聴者に届けられた。資料写真。

写真拡大

2017年11月25日、韓国の新たに始まった旅番組「チャンネツアー」の初回・日本旅行編が放送され、韓国人タレントらが大阪旅行を楽しむ様子が韓国の視聴者に届けられた。

「チャンネツアー」は、韓国テレビ界で一種のブームとなり最近増えている旅番組の中で、「コストパフォーマンス」と「スモールラグジュアリー」に焦点を当て差別化を図ったという新番組。最低限の費用でささやかなぜいたくも味わう「楽しい節約旅」を、タレントたちが実際に体験するというものだ。

初回の日本旅行は、「けち」や「節約家」を意味する韓国語「チャンドリ」の代表格として韓国で知られるタレント、キム・センミンがコーディネートし、4人のタレントを案内した。「チャンドリ」のおかげで自由につまみ食いもできず、大阪に着いてもお腹を空かせたメンバーらが日本での1食目に選んだのはラーメンだった。

空腹を満たすためさまざまなメニューを注文したメンバーたちだが、ここで彼らを一番喜ばせたのは、「現地・日本の風味をそのまま盛り込んだ」ラーメン720円ではなく、キムチの無料サービスだ。テーブルに置かれたキムチに気付いた1人が「お!キムチだ!」と声を上げると、案内役のキム・センミンが「他の店ではキムチを3000ウォン(約310円)で売るけれど、ここはキムチをずっと無料で出してくれる」と、同店を節約旅の1食目に選んだ理由を説明した。この「チャンドリ」ならではの工夫にメンバーらは「これは本当にいいアイデア」と感心し、早速キムチを皿に移し始めた。

「チャンドリ」によれば同店では揚げニンニクも無料だといい、「ニンニクは免疫にいいのを知ってるよね」とキム・センミンが勧めたのに対し、メンバーの1人は「知らなくても食べるよ」と満足げに応じた。

この後、一行は100円すしの店に行き、限られた予算ながらすしも堪能したという。

番組視聴者からは「すごい。キム・センミン、ファイト!」「番組が長く続いてほしい」「最初はどうかな、と思ったけど、予算をあらかじめ決めて旅行する様子からは学ぶことが多いね」など好評が寄せられている。(編集/吉金)