業界関係者の話を元に、来年発表の新型iPad Proには「A11X」チップが搭載される、とウェブサイト『快科技』が報じています。

A11Xチップの特徴

新型iPad Proに搭載されるA11Xチップは、『iPhone 8』や『iPhone X』に搭載されている「A11 Bionic」チップを改良したもの、と考えられています。

具体的には、処理を担うコアの数が6から8に増加。配線の太さを示すプロセスルールが10ナノメートル(nm)から7nmに縮小、としています。

iPhone 8/XのA11チップでは、4つの低電力コアと2つの高性能コアを搭載していましたが、A11Xチップでは低電力コアを5つ、高性能コアを3つ搭載するようです。同性能のコアが1つずつ増えるのであれば、これらのコアを全て使う処理はより高速になります。

プロセスルールの縮小は、チップ自体の処理能力向上を意味する場合があります。

『iPhone 7』の「A10 Fusion」チップと、それを元に開発された『10.5インチiPad Pro』の「A10X Fusion」チップでは、iPad Proの方が処理能力は上でした。

おそらく新型iPad Proも、iPhone 8/Xよりも処理能力が高い仕様になるでしょう。

Face ID搭載とも関係あり?

正確な予測が比較的多いことで知られる、KGI証券のMing-Chi Kuo氏は、2018年発表のiPad Proには顔認証機能のFace IDが搭載される、と予測しています

iPhone XではFace IDで顔をスキャンしてデータを処理する過程で、A11 Bionicチップに搭載されている、機械学習・人工知能用のニューラルエンジンを使います。

もし2018年の新型iPad ProもFace IDを搭載するのであれば、iPhone Xと同じく、A11Xチップにもニューラルエンジンが搭載されることが予想されます。

Face IDが搭載されるのであれば、ホームボタンが無くなる可能性もあります。そのデザインを予想して製作したCGを@VenyaGeskin1が公開しています。

2018年6月に発表か

快科技によると、A11Xチップを搭載したiPadは2018年の第1四半期か第2四半期に発表される見込み。この期間に新型iPadが発表される可能性があるのは3月と6月です。

2017年6月に、Appleは開発者向けイベント『WWDC』で10.5インチiPad Proと第2世代『12.9インチiPad Pro』を発表。同年3月には第5世代『iPad』を発表しています。

© 2017 Apple Inc.

参考

首发台积电7nm!苹果A11X曝光:8核设计-A11,iPad Pro,苹果,芯片,7nm-驱动之家@VenyaGeskin1 - Twitter