座間市の死体遺棄事件 容疑者の供述が二転三転、調書へのサインを拒否

ざっくり言うと

  • 神奈川県座間市のアパートの一室から、9人の切断遺体が見つかった事件
  • 警視庁は、容疑者の供述が二転三転していると明かした
  • 現在は、供述調書へのサインを拒否しているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング