『週刊少年ジャンプ』47号(集英社)

写真拡大

 2017年10月23日(月)に発売された『週刊少年ジャンプ』47号の巻頭カラーに、アニメ「ONE PIECE」でサンジ役を務める平田広明が登場し、話題を呼んでいる。

 平田が登場したのは、今回「アニ基地! SPECIAL」の特別インタビュー。現在放送中の“ホールケーキアイランド編”に懸ける意気込みについて語った。

 TVシリーズ本編に約2年7カ月ぶりに登場した平田。過去にもバーソロミュー・くまによって麦わらの一味が散り散りにされて修業していたときが1年半ほどあったこともあり、「『またか』くらいの気持ちでした」と明かす。しかし、映画版やユニバーサル・スタジオ・ジャパンの「プレミアショー」などもあったためサンジ役から離れていたという感覚はそれほどなかったという。一方で「原作ではとても深刻な状況になっているというのを聞いて、久々にシリアスなサンジが演じられるのは、とても楽しみにしていました」とも語った。

 その他、「サンジの生い立ちが明らかになったことで芝居への変化はあったか?」「ホールケーキアイランド編での印象に残ったセリフやシーン」などの質問に回答。サンジというキャラクターを冷静に分析しながら語る姿に、ファンからは「平田さんのサンジに対する思いが伝わってきました」「本当に読み応えのあるインタビューだった」「サンジファン、ワンピファンは絶対読むべし」「平田さんこそサンジ・オブ・サンジだ!」といった声が相次いでいる。

 平田の思いを受け取りながらアニメを観ると、サンジに対する印象が変わるかもしれない。