29日、北海道で先月から行方不明となっている中国人女性・危秋潔さんが「ごめんなさい。もう頑張り続けることはできない」と書いた手紙を残していたとの報道に、中国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。写真は危さん。

写真拡大

2017年8月29日、北海道で先月から行方不明となっている中国人女性・危秋潔(ウェイ・チウジエ)さんが「ごめんなさい。もう頑張り続けることはできない」と書いた手紙を残していたとの報道に、中国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

南方都市報が日本メディアの報道として伝えたところによると、危さんは札幌の宿泊先に別れを告げる手紙を残していた。「ごめんなさい」という言葉に続け、27年間生きてきてもう頑張り続けることができなくなったこと、自分がいなくなっても悲しまないでほしいという内容が記されていたという。

北海道では今月27日朝、釧路市の海岸で危さんと服装が似た女性の遺体が見つかっており、その後、この女性の死因が水死であることが判明した。死後約1カ月という。また、女性の遺体発見の情報は中国にいる危さんの家族にも伝えられ、危さんの弟は遺体のDNA鑑定の結果が出るのを待って訪日するかどうか決めたいとの考えを口にしている。

今回の日本メディアの報道を受け、中国のネットユーザーからは「外見はいいし、(教師という)誇りある職業にもついているのにどうして生きるのがつらくなった?」「若い人は就職難に直面し、生きる上でのプレッシャーも大きい。一見、はつらつとしている人でも、その心の内が他人には分かるだろうか」「あなたの両親は27年間、あなたを育ててきた。両親のことを考えてみた?」「誰にだってプレッシャーはある。もっと苦しんでいる人は多いはずだよ」「あと少しで正式な小学校教諭になるはずだったのに。一体何があったのだろう」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/野谷)