紫の花が咲き乱れるアタカマ砂漠(スクリーンショット)

写真拡大 (全4枚)

 世界で最も降雨量の少ない乾燥地域として知られる、チリのアタカマ砂漠(Atacama Desert)。エルニーニョ現象の影響で、近年では5〜7年おきに雨が降り、その頻度は更に高くなっている。今年7月にも雨が降り、砂漠には広範囲にわたり花が咲き乱れている。

 アタカマ砂漠の東にあるアンデス山脈が大西洋からの湿気を遮り、西側の太平洋に冷たいペルー海流が流れるため、雨が降らず非常に乾燥しているこの地域。予想外の雨で200種以上の花々が一斉に咲き始め、砂漠は一気に花畑になった。砂漠に花が咲いていると聞き、多くの観光客が訪れている。

不毛の地として知られるアタカマ砂漠(Martin BERNETTI/AFP)
異常気象で雨が降り、花畑になった(スクリーンショット)
様々な種類の花が咲く(スクリーンショット)

(動画)

(翻訳編集・豊山)