白人至上主義グループとこれに対抗するグループとの衝突に端を発し、加えてトランプ大統領の発言が物議をかもすなど、現在米国では人種差別問題が盛んに取り沙汰されている。

このような状況の中で、メキシコ系米国人である元陸軍歩兵、イスラエル・パラさんの投稿が大きな注目を集めている。

白人至上主義の兵士の言葉

彼はイラクに出兵していた際、「ずっとメキシコ人と黒人が大嫌いだった」という仲間が発した言葉を紹介している。

人種差別主義者であった彼は、ある日パラさんのことをこう評した。

君は今まで出会った中で、最高の人のうちの1人だよ。

と…。

また、「まさか自分がメキシコ人のことをこんな風に思うなんて夢にも思わなかった」とも。

それに対しパラさんはこう答えた。「君は小さい頃からそのように育てられてきたんだろうけど、血の色は皆同じ赤なんだよ」と。

すると彼は、「君のためなら血を流すことも厭わない」と言っていたという。

軍隊では人種など関係ない

「僕だって同じさ。ここにいると人種なんて関係ないからね」と答えたパラさんは、更にこう綴っている。

軍隊にいると人種なんて意味がないんだ。一緒に築き上げた思想がすべてさ。

また投稿では、そのことを如実に示した写真も併せて公開されている。

Israel Parra/Facebook

10万人がいいね!

パラさんによるFacebookの投稿がこちら。

同投稿には10万人が「いいね!」し、シェア数も8万4000件を超え注目を集めた。

複数の海外メディアもこれを報じ、「これこそ真に学ぶべき考えだ」「何が大切なのか考えさせられました」「互いに命を預け合う彼らが言うのだから間違いないだろう」と、多くの人が心動かされたようだ。