ブラ紐がだらしない…男目線で「夏の女性、残念ポイント」

写真拡大

 合コンスナイパーの桜井涼(男)です。女性の肌の露出が増える夏は、男にとっては目の保養になるありがたい季節ですが、一方で、アラが目立ちやすくなるだけに、見たくないところを見てしまい、残念な気持ちになることも少なくありません。

 今回は、男性目線で見た「夏の女性のココがNG」について、男性たちの声を集めてみました。女性のみなさん、男たちは、こんなところに冷めています!

●だらしなく露出したブラ紐

「ゆるいキャミソールやTシャツなどの軽装でバッグを肩にかけたまま、ブラ紐をだらしなく露出しているコが苦手です。どう考えたって、だらしない性格でしょう。言い方は悪いですけど、いろいろゆるいんだろうな〜と思っちゃいます」(34歳・営業)

●ワキ毛の剃り残し

「ノースリーブの女性が電車の吊革に捕まっているときや、ふと腕を上げた瞬間にブツブツとしたワキ毛の剃り残しが見えてしまうと、どんなにキレイな女性でも興ざめです」(29歳・不動産)

●首下の産毛

「襟元の大きく開いたTシャツなんかだと特に目につくのですが、首から背中にかけての産毛が目立つコがダメです。濃いとまではいかないまでも、白い肌のコとか目立つんですよね。かわいいコでも産毛が濃いと、『ああ、ないわ……』と思います」(32歳・飲食)

●剥げかけたネイル

「サンダルを履いた女子の足の指のネイルが剥げていると汚らしいし、『ずぼらな性格なのかな?』と思ってしまって冷めますね。剥げてるネイルをそのままにしているコよりは、まだネイルをしていないコのほうが好感が持てます」(37歳・自動車メーカー)

●ダニに刺された跡

「生脚を露出しがちな若いコに多いのですが、ダニに刺されたような赤いブツブツが目立つコが気になります。家の衛生環境に問題があるのかと思って、敬遠したくなっちゃいますね…」(35歳・自営業)

●サンダルから除く汚いカカト

「サンダルから見えるカカトがカチカチだったり、黒ずんだりしている女性がダメです。仕方ない部分もあるんでしょうけど、残念だな〜って思うんですよね……。まあ、すべてケアするのは大変なのもわかるんですけど、やっぱりキレイなほうがいいな〜と」(27歳・アパレル)

 と、ここまでは体の部位(見た目)に対する声が圧倒的。確かに僕も、ここまでに挙がったNGはどれも気になります。とはいえ、女性のみなさんにしてみれば、首下から背中にかけての産毛を除けば、あとはほぼ注意できるポイントなのではないでしょうか。見た目以外では、こんな声もありました。

●お祭り会場での飲み食いの仕方

「夏は女性と祭りとかに行く機会も多いじゃないですか。そうすると、イカとかトウモロコシとか屋台で食べ物を食べる機会も多いと思うんですけど、こういうとき、食べ方がキレイか汚いかは気になりますね。特に、トウモロコシ。食べたあとのトウモロコシが汚いコがいるんですよ。逆にトウモロコシをキレイに食べるコはそれだけで好感度がアップしますね。僕だけですかね?」(38歳・公務員)

 いえいえ、これ、すごいわかります! 女性も見ているんでしょうけど、男も結構、女の人の食べ方を見ているものなんです。

 そんなわけで、暑さでいろんなところがルーズになりがちな夏ですが、みなさんも、ちょっとしたことで引かれることのないよう気をつけてくださいね。

<TEXT/桜井涼>

【桜井涼】
これまで500戦以上の合コンをこなし、通算打率5割をキープしてきた出版界屈指の合コンスナイパー。出会い、恋愛の事情通として雑誌などへの登場も多数。Twitterも更新中。