5日放送の「マツコ会議」(日本テレビ系)で、マツコ・デラックスが、ヘビメタギタリスト・若井望氏に偶然インタビューする一幕があった。

番組では、3カ月で英会話をマスターできるという英会話教室「SPARTA ENGLISH」と中継をつなぎ、スタジオのマツコらがその秘密を探っていた。さまざまな社会人が英語を学ぶ中、マンツーマン授業では長髪の男性が「Heavy metal(ヘビーメタル)」の発音を猛特訓していたのだ。

マツコは「国際進出を狙ってるバンドマンとか?」と不思議がり、スタジオから男性に「ヘビーメタルの発音は難しい?」と話しかけた。男性は「こう見えてもミュージシャンなんですけど」とにこやかに答え、自身の名前が「若井望」だと明かす。

そこで、マツコと番組スタッフは「若井望」をネット検索。すると、シンガーソングライター・浜田麻里に楽曲を提供したり、アルバムのサウンドプロデュースやツアーのギターリストを務める有名人だと判明する。

若井氏によると、自身のヘビーメタルのプロジェクトが来年ワールドリリースするため、英語を猛特訓しているのだとか。「本当に英語がしゃべれないとマズくて!」と明かすと、マツコは「あの…そのひたむきさと真面目さが、長髪とヘビーメタルと全く合わない」と、見た目とのギャップに驚いていた。

なお若井氏は4日、自身のTwitterに「明日、8/5のマツコ会議に映ります!」と告知していた。英語学習について「楽器でも何でも最初は出来ない事よく知ってるから、滑稽でもやるしかないね」と努力していることを明かしている。
【関連記事】
マツコ・デラックスがホストクラブに通う23歳一般女性の月収に驚愕
マツコ・デラックスのはからいで驚きの展開…番組女性Pと一般人がデートへ
マツコ・デラックス 同窓会出席者の傾向に指摘「比較的鎧をまとえる人たち」