加藤浩次(極楽とんぼ)

写真拡大

31日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、加藤浩次が10代のころに経験した夏の苦い思い出を語った。

番組では、ビーチを満喫する人々に「夏の恋の思い出」をインタビューし、MCの加藤も自身のエピソードを披露した。

加藤は、学生時代の夏は部活でサッカー三昧だったが、1度だけ好きな女の子を含めグループで海に遊びに行ったことがあるという。海のそばには使い古しのブロックがあり、持ってきて焚き火をしようと盛り上がったという。

すると、どこからか現れた20歳くらいの悪そうな男性たちが「おいテメエ、俺らのブロック盗んだろ」と難癖をつけてきたとか。盗んだつもりはなかったが、その場を穏便に済ませるため、加藤は土下座したというのだ。「好きな女の子の前で20歳くらいの人たちに土下座した思い出がある」と振り返った。

共演者から「ええ〜!?」「怖い!」「強烈な思い出!」と驚きの声が上がると、加藤は「それから土下座するのが嫌じゃなくなった」「土下座慣れした」と続け、スタジオを笑わせていた。

【関連記事】
加藤浩次がInstagramブームをバッサリ「“映え”したから、何だっつうの?」
加藤浩次が声を潰してラジオ番組を急きょ欠席 山本圭壱が事情を説明
加藤浩次 心が痛む収録現場の光景「なんとかなんないかね?」