9日、河南省ケイ陽市で建物の3階から幼児が転落する事故が起きた。通りかかった小学生の対応に称賛の嵐が起きている。

写真拡大

2017年5月10日、河南日報によると、河南省鄭州市に位置するケイ陽市で9日、建物の3階から幼児が転落する事故が起きた。

【その他の写真】

幼児が落ちそうなところに通りかかった一般市民が気づき、心配そうに見ている中、幼児は落下。通学途中だった小学生の女の子が手を広げて駆け寄り受け止めようとしたが、幼児は運よく止めてあったオートバイのリアボックスの上に落ちた。それが緩衝材代わりとなり、幼児は幸運にも無事で、命に別条はなかった。

その様子を撮影した監視カメラの映像がネット上に公開されている。記事は、幼い子どもを持つ親に向け、こうしたうっかりから起きる事故に注意を促している。

この出来事はネット上で大きく注目され、女の子の対応に称賛の嵐が起きている。中国のネットユーザーから多くのコメントが寄せられた。

「真っ先に走り出した小学生の女の子、その勇敢さにグッジョブ!」
「受け止められはしなかったけど、この女の子にイイネ!したい」
「突然のことで受け止められないのも仕方ない。助けようとするその心根がすばらしい」
「善人には必ずいい報いがあるはずだよ」

「素晴らしい。でも本当に受け止められていたら、女の子は腕に大変なけがをしていたかもしれない」
「高い場所から落下してきた衝撃は大人にとっても危険。女の子の行為は素晴らしいけれど、今後は気をつけてほしいな」
「ケータリングの兄ちゃんが外にバイクを止めていたのも運がよかった。違法駐車だけどね」
「いや、それにしてもこの女の子は素晴らしいな、まるで天使だ!」(翻訳・編集/岡田)