4月18日、テキサス州に住むレベッカさんが愛犬の元に送られてきた1枚のカードをTwitter上で紹介した。

そのカードは愛犬アポロの誕生日を祝うもの。送り主は2年前から別居をしているレベッカさんの夫だ。

カードにはお祝いの言葉以上の思いが込められていた。

アポロとレベッカさんへの思いが綴られたカード

「君のことを考えて、微笑まなかったことはないよ。そのことには、永遠に感謝し続けるだろうね。愛しているよ、相棒。1日だって、君のことを考えなかった日はない。自分のことを、そしてママを大切にしてね。彼女のためにそばにいて欲しい。君が僕にしてくれたように」

BeckzLove/Twitter

レベッカさんはこのカードを、「2年前に別れた夫から、いまだにアポロに誕生日カードが来るの」という言葉と共にTwitter上で公開した。

すると数日で1万9,000回以上もリツイートされ、一気に拡散した。また、5万件近くも「いいね」されている。

コメント欄を見てみると、「まだ彼はあなたを愛しているんだ」「アポロは読めないんだから、そのカードは君に書かれたものなんだよ」「泣いた」「キューピッドからお知らせです」などなど、夫の気持ちを代弁するような投稿が相次いだ。

結婚3年目で別居

Inside Editionが伝えているところによると、高校時代から愛を深めていたふたりが結婚をしたのは2012年。レベッカさんが大学を卒業したのがきっかけだった。

夫のフランキーさんの仕事の関係で、ふたりはテキサス州のヒューストンで暮らし始めた。生後1ヵ月のアポロを家族に迎えたのは、結婚直後の2013年。「当時は手の平に収まるぐらいの大きさだった」と、フランキーさんはカードの中で振り返っている。

しかし2015年にふたりは別々に生きることを決意。レベッカさんはアポロを連れて、故郷のテキサス州メルセデスに帰っていた。

しかし、離婚の手続きはしていないので、ふたりはまだ夫婦のままなのだという。

ふたりの間に進展が

Twitterでの大きな反響を受け、ふたりの関係が変化し始めた。

4月21日、レベッカさんはある報告をした。それは、フランキーさんと一緒にMotoGPを見に行くことになったというもの。別れる前に行ったことのある、思い出のイベントなのだという。

また、「心が揺れ動いた一週間だった。いっぱいいっぱいだったわ」とレベッカさんがツイートすると、フランキーさんは「僕もだよ」と返信している。

ペット用品店も“一家”を応援

ペット用品店Petcoは、アポロに大量のおもちゃをプレゼント。さらに、パパとママ、そしてアポロが一家で楽しめるように、夜景の美しいレストランのギフトカードをプレゼントした。

そして迎えたデートの日

4月23日、レベッカさんのデートの報告がこちらだ。

▼左がフランキーさん

BeckzLove/Twitter

▼「ツイッターが私と結婚生活を助けてくれた???」とのコメントともに投稿された動画

▼2年も別れていたとは思えない姿

BeckzLove/Twitter

レベッカさんは、とにかく彼との時間を楽しんだそうだ。

カードが来る前の4月2日に投稿された動画では、フランキーさんの姿はことごとく削除されている。

このことを考えると、大きな進展だと言えるだろう。ふたりの関係の変化を一番喜んでいるのは、アポロなのかもしれない。