高齢運転手の実態は?

写真拡大

 タクシー業界に高齢ドライバーが数多くいる現状を浮き彫りにした本誌・週刊ポストの前号記事(2017年2月10日号)は、業界に衝撃を与えたようだ。関西のタクシー会社幹部からはこんな電話があった。

「タクシー業界で年齢のことに触れるのはタブーで、書かれては困る。うちでは80代が2人いて、70歳以上が2割近くを占めますが、タクシーのドライバーは13日勤務しても、手取りが10万〜20万円。“年金を受給しながら働く”というスタイルが定着している」

 もちろん高齢ドライバーの中には、十分に健康で技術も地理にも習熟した人がいることを私たちは乗客としてよく知っている。もとより、ドライバーの雇用機会や収入の途を閉ざすことが記事の目的ではない。

 しかし取材してみると、高齢ドライバーと乗客の安全に無自覚な会社が多いという印象は否めなかった。

 警察庁によれば、70歳以上のタクシー・ハイヤー運転手による事故件数(平成27年)は2402件で、全年齢層の16.3%を占める。10年間で件数は約2倍、事故率は約3倍に上昇した。これはもはや社会問題なのだ。

 この1月30日から、東京23区などでタクシーの初乗り料金が410円(約1kmまで)に改定され、タクシーはより身近な移動手段になるが、この高齢ドライバー問題についてタクシー会社側の反応は鈍く、前号では本誌アンケートに対する回答も少なかった。

 そこで、改めて主要30社に質問項目を広げて再調査を行なった。回答があったのは30社中17社だった。

 まず「70歳以上タクシー運転手は何人いますか?」という質問に対し、全回答企業の合計で70歳以上ドライバーは約430人だった。

 普段見かけるタクシー運転手の印象からすると、少ないようにも感じられる。実際に、70歳以上の法人タクシー運転手は、東京に8130人(東京タクシーセンター登録)、大阪には5241人(大阪タクシーセンター登録)もいるはずなのだが、この差は何なのか。

「タクシー会社はどこも運転手不足。大手の場合、60歳から65歳が定年で、その後、嘱託や契約で続けられる最終定年は75歳。しかし、中小の場合は、長年、無事故無違反の優良ドライバーなら80歳過ぎても雇うところが多いので、定年後に大手から中小に移るドライバーは多い」(業界関係者)

 今回のアンケートは業界の上位企業を対象にしたため、高齢ドライバーが少ないという結果が出たようだ。

 各社が定める運転手の定年にも“カラクリ”がある。

「65歳。以後は契約社員(1年更新)」(日本交通・東京)

「60歳。嘱託契約で、65歳以上は1年毎に更新。定時制あり」(西武ハイヤー)

定年後は委嘱契約による継続雇用となっているケースが多く、高齢タクシー運転手の多くは契約社員と考えられる。 では、新規に採用する運転手の年齢に上限はあるか。

「第一種(自家用車)免許取得者は63歳。第二種(旅客自動車)免許取得者は特になし」(日本交通・大阪)

「65歳以上の未経験者は採用しない。他社のベテランドライバーの場合採用する」(相模中央交通)

 未経験者は60歳から65歳が上限だが、すでに第二種免許を取得している場合やベテランドライバーの場合は、上限がアップするようだ。

※週刊ポスト2017年2月17日号