片方のライトを付けると、マウスはゾンビのように目の前の標的を追い回し、もうひとつを付けると、前歯で標的に噛み付いて仕留めます。しかし、マウスは飢えているから狩りをしているわけではありません。研究者が操作しているのです。

イエール大学の研究チームは、脊椎動物の脳がどのように狩猟本能をコントロールしているのかの調査のためにこのような実験をしました。彼らは、狩猟本能には扁桃体中心核が重要な役割を担っているのではないか、仮説を立てて進めました。通常、雑食であるマウスは肉より植物を選びますが、さまざまな実験により狩猟行動を2つに分けることで、それぞれを独立して操作し、かわいいマウスをハンターにすることに成功したとのこと。実験の結果は先日、学術雑誌「Cell」に掲載されました。

この研究主任である同大学精神医学のIvan de Araujo助教授は、「扁桃体中心核が狩猟行動に重要である兆候はあったのですが、それが確認されたことは今までありませんでした」と語っています。「結果がここまでハッキリとしていたとは驚きです」とも。

研究者たちは最初に、マウスの脳の特定部分に光過敏性の遺伝子を持つウィルスを注入しました。すると目標のニューロンも同様に光過敏の特性を持ち始めました。次にマウスの頭に光ファイバーを埋め込み、青色レーザーを発する装置につなぎます。青い光を浴びたニューロンは正電荷をチャージし、放ちます。実験内容に合わせて、ニューロンのオン/オフも操作できたそうです。

チームは、ひとつのニューロン回路が獲物の追跡をコントロールし、別の回路がとどめの噛みつきを放つ顔と頭の筋肉を制御していることに気づきました。これにより、2つの行動のいずれか、あるいは両方を狙って操作でき、複雑な狩猟行動を、追跡と噛みつきの2つに分かりやすく分類したのです。

研究を知った他の科学者たちは、この結果に非常に感心しています。米Gizmodoが複数の科学者にコメントを求めたところ、その内ふたりが「傑作だ」と賞賛し、「この論文の素晴らしいのは、最先端の技術を適切な方法で適切な場所に使用したところです。科学的にも技術的にも素晴らしい」と、ルイスビル大学医学部で解剖学と神経科学の助教授を勤めるBart Borghuis氏も評価しました。

さらに別の科学者たちもこの声に賛同しています。バージニア州ハワード・ヒューズ医学研究所、ジャネリア・リサーチ・キャンパスの神経学者であるScott Sternson氏は、「本当に素晴らしい研究だと思いました。マウスの脳のごく小さな一部にある異なるニューロングループを操り、複雑なマウスの捕食行動をここまで簡素に分解することができたのです」と絶賛しました。


170117_mousezombie03.jpg


人間にも扁桃体中心核があるので、この研究が人間にどう適用されるのかを米Gizmodoがde Araujo氏にきいたところ、まだ実証はされていませんが、人間でも同じ部分が狩猟行動を制御しているかもしれないそうです。私たちのほとんどは既に食べるための狩りをしないので、狩猟行動は必要ありません。しかしde Araujo氏は、過食などの食性も脳の同じ部分が司っている可能性があるとし、それを証明する実験が必要だと語ってくれました。

またde Araujo氏は、これらの中枢は攻撃性を司ってはいないので、マウスで暴力的なゾンビを作ったわけではない、と念を押しました。「あくまで、食料だとわかっているものに攻撃しているだけです」とde Araujo氏。実験を施されたマウスは決して他のマウスは攻撃せず、より小さいニセの昆虫を攻撃しました。なので、この実験によって世界の政府がゾンビマウスを兵器化しはじめる、なんてことにはならないのでご安心を。


image: Ivan de Araujo
source: Cell

Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US[原文]
(scheme_a)