公務員がクラブ経営副業の疑い 退職金約1千万円に「違和感」の声

ざっくり言うと

  • 懲戒免職となった元大阪市職員に、市が退職金約1千万円を支出した
  • 職員は無断欠勤を続け、副業禁止規定に違反してクラブ経営をしていた疑い
  • 調査を尽くさず、退職金を支払う市の姿勢に識者は違和感を伝えた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング