韓国の財界には、重苦しい空気が立ち込めている。大統領を巡るスキャンダルで財閥総帥や経営トップが連日、捜査当局の標的になっているからだ。そんな中でLG電子は、あっと驚く人事を断行して話題を集めている。

 2016年12月1日、LG電子は早々に役員人事を発表した。他の財閥の人事が遅れている中で、際立った速さだった。

高卒でLG電子トップに

 その人事に他の財閥、特にサムスングループは仰天したことだろう。

 この日、話題の中心になったのは、LG電子の副会長兼CEO(最高経営責任者)に昇格した趙成珍(チョ・ソンジン=1956年生)だった。家電事業などを統括する社長から、LG電子のCEOに昇格したのだ。

 LG電子はこれまで、事業部門ごとに3人のトップがいる共同経営体制だった。今回は、趙成珍氏を「1人CEO」に任命した。

 産業界で驚きの声が上がったのは、趙成珍氏が、韓国の大企業ではきわめて珍しくなった「高卒CEO」だからだ。

 「高卒、洗濯機匠人、LG電子総司令塔に」

 12月2日付の「朝鮮日報」はこんな大きな見出しを掲げた記事を掲載した。

 趙成珍氏は、1976年ソウルの龍山工業高校を卒業した。在学中に研修を受けて優秀奨学生になり、「金の卵」として当時、韓国で最大の家電メーカーだった金星社に入社する。LG電子の前身だ。

 最初の勤務地は釜山工場だった。1970年代後半。当時の「花形商品」は、扇風機だった。若手の技術者は、こぞって扇風機の開発、生産に関わりたがった。

 そんな様子を横目で見ながら趙成珍氏が志願したのが洗濯機だった。1976年の韓国の1人当たり国民所得は825ドル。洗濯機の普及率は1%にも達していなかった。

洗濯機人生

 それから趙成珍氏の「洗濯機人生」が始まる。日本の商品を分解して徹底的に研究する段階から始まった。韓国メディアによると、まさに「猛烈な仕事漬け」の日々だった。

 入社当初は、1日18時間、設計技術を学んだ。その後、日本の洗濯機を徹底的に研究してまさに見よう見真似で商品を開発する。

 1990年代初めに洗濯機設計部長になってからはさらに猛烈ぶりに拍車がかかる。執務室の2階にベッドを持ち込み、住み込みで仕事に没頭する。10年間で150回以上日本を訪問したという。

 1998年には「ダイレクトドライブ方式」の洗濯機を開発して「脱日本技術」にめどをつける。

 この間、韓国では洗濯機が急速に普及した。LG電子はサムスン電子との熾烈なシェア争いを制した。それだけではない。東南アジアなど世界市場でもLG電子は洗濯機分野では常にトップグループを維持し続けた。

 LG電子は、テレビ事業ではサムスン電子に押され気味だったが、エアコンや洗濯機は家電事業の稼ぎ頭に育った。

「花形商品」を避けた先見性

 入社早々、他の同期生に混じって扇風機の担当に回っていたらどうなっていたか。エアコンや電子レンジ、洗濯機などその後の成長商品の担当に後から加わることになったはずだ。

 すさまじい社内競争を勝ち抜く上でも、「人のいない道」を選ぶ先見性が重要だということを本人も後で振り返っている。

 洗濯機事業の躍進とともに、趙成珍氏も出世街道を進む。1995年に部長に昇格。2001年には洗濯機研究室長として常務に昇格する。

 役員になっても快進撃は止まらない。洗濯機事業部長になって副社長に昇格する。1976年、高卒で入社して洗濯機を選んだ青年が、一流大卒の社員に混じって競争し、30年後に副社長にまでたどりついた。それも、洗濯機一筋だった。

 趙成珍氏の出世物語はここで終わりではない。2013年には家電全般を統括するHA事業本部長に、さらに2014年からは同じ担当の社長になった。

ベルリン事件

 だが、サムスン電子が今回の人事に仰天したと思われるのは、別に「高卒の出世物語」のためではない。

 LG電子の社長になったこの年、趙成珍氏は、韓国の産業界を震撼させる「事件」を引き起こす。

 「事件」が起きたのは、欧州最大の家電見本市「国際コンシューマ・エレクトロニクス展(IFA)2014」が開催されたドイツのベルリンだった。

 韓国メディアによると、開幕直前の現地時間9月3日、 趙成珍LG電子社長など同社の一団がベルリンの家電量販店に姿を見せた。とにかく趙成珍社長は、洗濯機だ。ライバルのサムスン電子のドラム式洗濯機「クリスタルブルー」の前で立ち止まった。

 趙成珍社長が商品に触れて詳しく観察する。洗濯機となると、目の色が変わる。この日も、つい熱が入りすぎたのか。

 「ばきっばきっ」という音ともにドアが壊れてしまった。

 趙成珍社長らは、他の量販店も視察に回った。韓国メディアによると、他の店でもサムスン電子の同じ洗濯機を綿密にチェックした。そのときも壊れた。被害に遭った洗濯機は合わせて7台にも達した。

 サムスン電子は、怒った。量販店の防犯カメラをチェックした上で、「ドアを開けた後で、ドアに体重をかけて押して故意に壊した」として趙成珍社長の実名とともにこうした「蛮行」を公表した。

 さらに韓国の検察に告訴した。ドラム式洗濯機のドアはそう簡単に壊れず、故意に破壊したというのがサムスン電子の主張だった。

告訴にも動じず

 サムスン電子の強烈なクレームと告訴にも趙成珍社長はまったく動じなかった。

 「いろいろな会社の商品を見てまわったが、特定の会社の洗濯機は本体とドアをつなぐ部分が弱かったようだ」

 こんなコメントを出させた。「特定の会社」はもちろんサムスン電子を指す。

 騒動の後も「LG電子の洗濯機はあれくらいでは絶対に壊れない」と繰り返し語っていたという。サムスン電子の神経を逆なでする反応だった。

 サムスン電子の告訴を受けて韓国の検察は「財物損壊と業務妨害」などで趙成珍社長を2015年2月に起訴した。「洗濯機破壊事件」は、両社にとって、一歩も引けない訴訟に発展した。

 訴訟は大法院(最高裁に相当)にまで進んだが、は2016年10月末、趙成珍社長の無罪が確定した。

 防犯カメラの画像や量販店従業員の証言などからは趙成珍社長の犯罪行為を確認できなかったためだ。

 この訴訟は、趙成珍氏の名前を一躍産業界に響き渡らせた。

 洗濯機にかける桁違いの情熱。そして、「サムスンには絶対に譲らない」という過激なほどの思い。

無罪確定から1か月でCEO

 最近の産業界ではなかなか見かけることができなくなった「武勇伝」だった。この事件のためではないだろうが、大法院判決から1か月あまり。趙成珍社長はLG電子のCEOにまで上り詰めた。

 この人事をサムスン電子はどんな思いで見たのか。

 負けん気に強さは実証済だが、では、趙成珍氏はどんな手腕を発揮するのか。

 LG電子を取り巻く経営環境は、決して良好とは言えない。何よりもサムスン電子との「差」は、もう天と地ほどに開いてしまった。

 特に2000年以降、サムスン電子が半導体、スマートフォン事業などで急成長を続け、世界のIT企業を代表する高収益企業になったのに対し、LG電子は「何となくさえない」状態がずっと続いている。

サムスンとは天と地の差

 最近の時価総額は、サムスン電子が253兆ウォンであるのに対してLG電子は8兆ウォン弱。2016年の営業利益(予測)も、サムスン電子が28兆ウォン前後と見られるのに対してLG電子は1兆5000億ウォン前後と見られている。

 「負けない」という気合だけではいかんともしがたい格差だ。

 趙成珍氏が早急に手を打たなければならないのが、「スマホ事業」だ。ここ数年、苦戦が続いており、2016年も1兆ウォンを超える赤字になる恐れがある。

 サムスン電子が「ギャラクシーノート7」の発火事故で足踏みしているが、この機会をLG電子が生かせていないのだ。

 さらに「OLED(有機EL)テレビ」など次の成長商品を育てることも急務だ。

 こういう時期だからこそ、LGグループのオーナー会長である具本茂(ク・ボンム=1945年生)氏も、実行力、突破力がある趙成珍氏をLG電子のトップに据えたのだろう。

 趙成珍氏は韓国メディアとのインタビューで、2017年1月にラスベガスで開催予定の家電見本市「CES」でLG電子の新しいビジョンについて説明する予定だと説明している。

 2014年のIFAでは「洗濯機破壊」で話題になってしまったが、今度のCESではLG電子の未来ビジョンで注目を集めることができるか。異色CEOは年明け早々からその手腕を問われることになる。

筆者:玉置 直司