14日、韓国の朴槿恵大統領が英国訪問時に宿泊したホテルで、ベッドのマットレス交換や照明の追加設置など過剰な要求をしたとの暴露話が報じられ、騒動となっている。写真は英国のバッキンガム宮殿。

写真拡大

2016年12月14日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が英国訪問時に宿泊したホテルで、ベッドのマットレス交換や照明の追加設置など過剰な要求をしたとの暴露話が報じられ、騒動となっている。

韓国・中央日報によると、英ロンドン駐在の韓国人公務員がこのほど、「朴大統領が13年に英国を訪問した際、1泊したホテル客室のベッドのマットレスを青瓦台(韓国大統領府)の要請により新品に交換した」と告白した。交換の費用はホテル側が負担したものの「多少不愉快な様子だった」という。

また同人物によると、朴大統領がホテルの朝食ではなく別途用意したものを食べるためとして客室には電子レンジが設置され、浴室のシャワーヘッドは大統領府がソウルから持ち込んだものに交換された。さらに客室には照明2台とスクリーンにあるような幕も用意された。関係者によれば、これは「大統領がヘアセットや化粧をする場所は昼間のように明るくなければならず、大統領が鏡を見た際、背景に余計な物が映らないようにするため」という。

これに先立ち野党「共に民主党」の宋永吉(ソン・ヨンギル)議員は、自身の仁川市長時代に同市を訪問した朴大統領が市長室を使用、トイレの便器まで交換させたとのエピソードを公にし、朴大統領を「便器姫」とのあだ名で呼んで物議を醸した。

こうして次々と出てくる暴露話に韓国のネットユーザーからは多数のコメントが寄せられている。

「本当にお姫様のつもりなんだな。完全におかしくなってるよ」
「いっそ青瓦台ごと動かしてもらえばよかったのでは?」
「今までお姫様のように生きてきたんだから、そろそろ質素に、刑務所で臭いご飯でも食べて過ごしてくださいね」

「自分はビヨンセ級の人気歌手だと思ってるみたい」
「これは鳥肌モノ」
「本当の女王様でもそんなことしない!」
「この人の浅はかさのせいで国民の血圧は急上昇」

「これが大統領のやることだなんて、みっともない!こんな病気には刑務所が一番効く」
「不治の病だな…」
「もう悪口すら出ないよ」
「マリー・アントワネットを連想させるね。同じように断頭台に送ってやろう」(翻訳・編集/吉金)