「池に落ちた子象、そばで見守る母親」ヘリコプターチームが試みた救助作戦が見事

写真拡大

かなり前に公開された動画なのだが、池に落ちた子供の象を人間たちが見事な作戦で救出した映像をご紹介する。

池から出られず苦しむ子象

この動画が撮影されたのはアフリカ、ケニアの草原地帯。映像にはまず、水飲み場の池に落ちた子象の様子が映し出されている。

子象は池から這い上がろうとするも足が縁に届かないため、出られずに苦しんでいた。

YouTube/Chris Sharkman

YouTube/Chris Sharkman

そばにいる象の母親も池の周りの土を掘るなどして、なんとか救おうとするが思うようにいかない。

しかしこのままだと子象は体力が弱って飢え死にしてしまうか、捕食者が現れれば餌食にされてしまう可能性もある。

YouTube/Chris Sharkman

YouTube/Chris Sharkman

母親を威嚇し、砂埃を立て追い払う

その時、上空にヘリコプターの轟音が響き渡る。駆けつけたのは動物保護団体David Sheldrick Wildlife Trustのレスキューチーム。

YouTube/Chris Sharkman

YouTube/Chris Sharkman

しかし彼らはすぐに着陸しようとはしない。それどころかまるで母親の象を威嚇するかのように上空で旋回。地上にも激しい砂埃を立たせ続けた。

YouTube/Chris Sharkman

YouTube/Chris Sharkman

わが子を守ろうと駆け寄る母親。

YouTube/Chris Sharkman

YouTube/Chris Sharkman

しかし恐ろしくなったのか母親の姿は木の陰に消え、やがて見えなくなる。

YouTube/Chris Sharkman

YouTube/Chris Sharkman

YouTube/Chris Sharkman

YouTube/Chris Sharkman

1人残されてしまった子象。悲しげな表情を浮かべている。

YouTube/Chris Sharkman

YouTube/Chris Sharkman

するとヘリコプターは即座に着陸。隊員らが子象のもとへ駆け寄り、池の中に入って体を持ち上げると、地面にゆっくり転がした。

YouTube/Chris Sharkman

YouTube/Chris Sharkman

YouTube/Chris Sharkman

YouTube/Chris Sharkman

そして子象を励ますようにお尻を押して歩かせると、隊員らはすぐに撤退。ヘリコプターに戻り、そのまま上空へと姿を消していった。

YouTube/Chris Sharkman

YouTube/Chris Sharkman

子象から母親を引き離すのが目的

実はヘリコプターが象の母親を威嚇したのは、隊員らが安全に救出活動できるようにするため、子象から引き離すことが目的だったと考えられている。

もっともその後もカメラは、おぼつかない足取りで孤独に歩いていく子象の姿を撮影。

YouTube/Chris Sharkman

YouTube/Chris Sharkman

しかし次の瞬間、姿を消していたと思われる象の母親が姿を現す。

YouTube/Chris Sharkman

YouTube/Chris Sharkman

そして子象のもとへ駆け寄ると、うれしそうに鼻を伸ばし無事を確認する姿が捉えられた。

それにしても素早い見事な救出劇。しかもところどころに象の母親の愛情が示され、感動的な動画となっている。