アルツハイマー病の新薬に「期待」 副作用がないと研究者らが論文発表

ざっくり言うと

  • 米研究者らが2日、アルツハイマー病の新薬についての論文を発表した
  • 有害な副作用が認められず、薬剤として期待が持てるという
  • 臨床試験後、結果が良好であれば2〜3年後に販売される可能性がある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング