「つけまつける」誕生秘話 きゃりーの大御所への行為がヒント

写真拡大

23日放送の「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)で中田ヤスタカが、歌手・きゃりーぱみゅぱみゅの1stシングル「つけまつける」の誕生秘話を明かした。

この日は中田が出演し、自身が提供している楽曲をどうやって作成しているかという裏話を披露していた。

そこで中田の独特な曲タイトルに話題が移ると、「つけまつける」の制作に至った経緯について語った。なんでも、ある音楽番組に出演したとき、きゃりーが「本当に大御所のミュージシャンの方」につけまつ毛を付けていたらしく、大いに感心したという。

その日、きゃりーに送ったメール文に「つけま、つけるのすごい」と書いたところ、「つけまつける」の字面を自分自身でえらく気に入ったらしい。そこで「つけまつける」という言葉を「どうメロディーに乗せたらみんな憶えてくれるかな」というコンセプトで曲作りに入ったのだと明かしたのだった。

【関連記事】
きゃりーぱみゅぱみゅ ハリウッドザコシショウにモノマネされて反応「うわあ」
きゃりーぱみゅぱみゅがデビュー当時の苦悩を告白「よく熱を出していた」
ユニコーン 収録時のミスをそのままリリースした楽曲