ポケモンGOをやっている人は長生きできると米大学&MSが調査を発表!理由は○○が増えるから

写真拡大

 

「ポケモンGO」にはもう飽きた? それともまだやっている?

米国スタンフォード大学とマイクロソフト社が共同で実施した最近の調査によれば、ポケモンGOをやり続けている人は、41日長生きできるらしい。

プレーヤーの健康状態をトラッキング

この調査を行なった研究者たちは、マイクロソフトの健康管理ウェアラブル「Microsoft Band」で、ポケモンGOをプレイする人たちの身体活動を調査した。

Microsoft Bandとは、心拍センサーや体温センサー、加速度センサーなど10のセンサーで身体の状態を記録する、腕時計型のデバイスだ。

こうして集めた32,000人のデータを調べたところ、単純なある1つのことが明らかになった。それは、歩く歩数が顕著に増えていたということ。

ポケモンGOをやらない人と比べると、やっている人は1日平均で1,500歩多く歩いていたという。

41日長生きできる

研究者によれば、1日1,500歩多く歩くと身体活動が25%増すことになり、これによって死亡リスクが6%減るとのことだ。

また、発表された論文には次のように書かれている。

「この調査結果から概算すると、ポケモンGOユーザーの平均余命は41日延びるといえる。米国には2,500万人のポケモンGOユーザーがいるので、延べ280万年分の余命が延びることになる」

ゲームをやり続けるのが条件

ただ、この結論には条件がある。それは、今後永久にポケモンGOをやり続けるということだ。

今回の調査は、ユーザーがゲームをやり始めてから30日間しか行なわれていない。その間の状態をこれからも続け、1日1,500歩多く歩き続けたと仮定した上での結論だ。

コアなポケモンGOファンでも、これは難しいのではないか。ならば、GPSを利用した同種のゲームがこれからも出て来ることを期待したい。