和歌山市の銃撃事件 腹を撃ち死亡した男が母親に謝罪の手紙

ざっくり言うと

  • 和歌山市の銃撃事件の容疑者が、母親に謝罪の手紙を書いていたことが判明
  • 「残された母親を笑いものにしたくない」などと書かれていたという
  • 容疑者は約18時間立てこもりを続け、自分の腹を撃ち死亡した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング