SMAPは何位?2位はSPEED「再結成してほしいグループ」トップ10

写真拡大

メダルラッシュに沸くリオオリンピックの明るいニュースが続く中、突然発表されたSMAPの解散報道。

国民的アイドルの解散に、日本中が衝撃を受けました。しかし今までも数々の人気グループがファンの応援もむなしく、解散や活動休止になっていますよね。

そこで今回『VenusTap』では、一般男女500名に「解散(もしくは活動休止)した(する)けど、いつか再結成してほしいグループは?」という独自アンケートを実施。

活動していない今でも絶大な人気を保つのは一体どのグループなのか、気になるランキング結果をご紹介します。

■1位に選ばれたのは、オフコース

<いつか再結成してほしいグループトップ5> ※活動休止も含む

1位・・・オフコース(11.0%)

2位・・・SPEED(10.0%)

3位・・・チェッカーズ(9.2%)

4位・・・BOOWY(6.8%)

5位・・・SMAP(6.6%)

6位・・・THE BLUE HEARTS(5.8%)

7位・・・Wink(5.4%)

同率8位・・・CHAGE and ASKA(5.0%)

同率8位・・・JUDY AND MARY(5.0%)

10位・・・CHEMISTRY(4.6%)

最も「再結成してほしい」と思われているのは、オフコースでした。

ボーカルの小田和正は今でもソロでの活躍が目立ちますが、オフコースとしてのバンド活動は解散以来ありません。若い世代の方は、「もともとソロじゃなかったの?」なんて思ってしまうかもしれませんね。

■方向性の違い……オフコースの再結成は「いまのところない」

小田和正が組んでいたバンド・オフコースは1969年に結成され、『さよなら』や『言葉にできない』などの大ヒット曲を生み出しました。誰もが一度は聞いたことのある名曲ですよね。

しかし結成から19年目の1989年に解散。理由は、元メンバーの松尾一彦によると「小田和正の右腕だった鈴木康博が脱退したこと」なのだそう。

その鈴木康博はメディアのインタビューで、「人気が大きくなるほどやりたいことに枠ができたようだった」と当時の脱退理由を語っています。

さらに、“オフコースと言えば小田和正”というイメージもバンドメンバーとして受け止めきれなかったよう。

どんな名バンドでも、考え方や方向性のバランスが崩れると続けていくのは難しいのかもしれませんね。

今のところ各メンバーの意思がないことから再結成はないとみられていますが、「オフコースがいま再結成したら、どんなライブになるのかと想像してしまう」、「小田さんもうすぐ70歳だし、元気なうちにオフコースで歌う姿を見てみたい」と、再結成を強く望む声が多数上がりました。

■メンバーに“露出できない理由”があると再結成できない

いくらファンが再結成を望んでも、メンバーの中に“訳アリ”な人物がいると、どうしても厳しくなります。

その最も重い例は8位に入ったCHAGE and ASKAでしょう。

ご存知の通り、メンバーのASKAは2014年5月に覚せい剤所持の容疑で逮捕・起訴され、懲役3年執行猶予4年の有罪判決が確定しました。

現在みられる活動といえば、期間限定のブログの執筆くらい。音楽の制作活動や準備はいまのところしていないようです。

現在のCHAGE and ASKAの現状ステータスは“活動停止”ですが、そもそも以前の事務所との契約も解除されていることから、芸能活動自体が厳しい状況。解散の可能性が高いとみられています。

やはり再結成の道は険しそうですね……。

他に“訳アリ”なグループはというと、メンバーの今井絵理子が参議院議員になった2位のSPEED、4位に入ったBOOWYはボーカルの氷室京介がライブ活動から引退してしまっています。

しかし以前には、PRINCESS PRINCESSが東日本大震災をきっかけに復活。引退して主婦になっていたメンバーがいたにも関わらず、再結成を成し遂げた成功パターンですね。

そう考えると、今後何か日本が一致団結する必要があるとき、元気を出してほしい事態が起きたときなどに、いつか復活することがあるかもしれません。

そんな事態は決して起きてほしくはありませんが、「引退したメンバーがいるから再結成はない」とは言い切れないと思うと、希望が湧きますよね。

いかがでしたか? ランキングを見ると、「こんなにも魅力的なグループたちが解散してしまったのか!」ともったいなく思いますよね。

それぞれの事情は仕方がないことですが、一度でいいのでファンの気持ちを汲んで、再結成の夢を叶えてほしいものです。

【画像】

※ TOKYO, JAPAN - JULY 10 : Japanese Prime Minister Shinzo Abe (L) of the Liberal Democratic Party (LPD) congratulates an elected candidate Imai Eriko (R) as he places roses above names of elected candidate of the party at the head quarter of LPD, during the 2016 Upper House Election on July 10, 2016, in Tokyo, Japan. (Photo by David Mareuil/Anadolu Agency/Getty Images)

※ TOKYO, JAPAN - NOVEMBER 13:  (L-R) Singer/ songwriter Kazumasa Oda and Daft Punk bass player Nathan East perform on stage during Nathan East Solo Debut Concert at Billboard Live on November 13, 2014 in Tokyo, Japan.  (Photo by Jun Sato/WireImage)