24日、今年3月に上海のカフェで大やけどを負ったSNH48のタン・アンチーについて、すでに歩けるまでに回復していることが明らかになった。写真はタン・アンチー。

写真拡大

2016年8月24日、今年3月に上海のカフェで大やけどを負ったSNH48のタン・アンチー(唐安[王其])について、すでに歩けるまでに回復していることが明らかになった。網易が伝えた。

【その他の写真】

SNH48チームNIIに所属するタン・アンチーは3月1日、グループが拠点を置く上海のカフェで、全身の半分以上に及ぶ大やけどを負った。治療のため活動休止中だが、24日にはチームNIIの楽曲「BINGO!」MV完全版の情報を中国版ツイッターでシェアしている。このMVは病欠している同級生の帰りを待つクラスメートたちを描くという設定で、まさにタン・アンチーへのエールを込めたものだ。

SNH48のスポークスマンによると、これまで数回にわたって皮膚移植手術を受けたタン・アンチーの回復状態は良好で、すでに自分で歩いているという。しかし、退院時期や本人のメディア対応については、現在のところ未定としている。

事故後しばらくは声が出せなかったというが、5月19日にはファンに向けて音声メッセージを公開。今月6日には中国版ツイッターで、「自分でごはんが食べられるようになった!」と喜びの報告をしている。(翻訳・編集/Mathilda)