消えてくれればいいのに…!「職場でウザい同僚」のNG特徴3つ

写真拡大

正直、顔を見るのもイヤで会社に行くのがユーウツになるほど「ウザい」と感じている同僚はいませんか?

一度ウザさに気づいてしまうと、なかなか相手のイイ面を見ようと思えないもの。失礼だとわかっていながらも「消えてくれればイイのに……」なーんて考えちゃうものかもしれません。

でも、自分が相手をウザいと感じるようには、周囲から「消えて欲しいよー」なんて思われる同僚にはなりたくないですよね?

そこで今回は、「職場にいるいる!」と叫びたくなっちゃうほど生息率が高いウザい同僚の特徴を3つ、8年間の市議時代に3万人以上の人間模様を垣間見てきた筆者がお伝えしましょう。

■1:全部自分の実績と言いたげな“手柄を取る”

自分の手柄でもないのに、さも自分が実現したかのように話す同僚って……、ウザいですよね。

「俺がアレしてコレしたから、達成できた」なーんて冗談っぽくでも言われてしまうと、「何様!?」と感じてしまうのが心理ではないでしょうか?

その場では、わざわざ「あなただけの手柄じゃないでしょ!」なんて言わなくても、内心で「ウザい」と思っているひとは少なくありません。

本人的にはアピールしたいほどにがんばった案件であっても、自ら「私がアレをこうしたから達成できてよかったよね!」などと主張されても、返事に困るものです。

いつの間にか、オフィスのウザ大賞に決定しているタイプですね。

■2:オフィスにそぐわないほど“声が甲高い”

キンキン声で会話をする同僚に対して、「もう少し静かに喋ってよ〜」と感じてしまうひとが少なくないのも現実。

オフィスは仕事をする場ですから、近くで会話している声が耳障りに感じると「ウザい……」と思ってしまうのもホンネでは!?

どんな場面でも大きなキンキン声でトークをしちゃうひとは、密かにウザ同僚認定されているリスクが大です。

会話している相手以外にも中身が丸聞こえになるほどキンキンと話されてしまうと、仕事の邪魔になりますよね。TPOに合わせて声色を変えるのも、オトナ社会人のマナーと言えそう。

■3:会話の途中でさりげなく自己アピールが激しい“学歴自慢”

なにげない会話の中で「東大では、こういうやり方はしないよ」とか「慶應ではグループで会話するときはこうするんだよ」などと学歴を誇示してくる相手には……、正直ウザいと感じちゃうひとが多いのでは?!

社会人になった後には、どこの学校を出ているかよりも今、どんな仕事をしているのかが一番大事なはず。けれども、高学歴なひとの中には常に学歴アピールをしないと気が済まないタイプもいますよね。

その場では嫌な顔をしなくても、「はいはい。またかっ! うざー」と感じているひとは少なくありません。本人は自慢しているつもりがなくても、過剰なアピールは残念ですよね。

以上、ウザい同僚の特徴を3つご紹介しましたが、いかがでしょうか?

オフィスにウザい同僚がいるだけで、出社するのもユーウツになってしまうのが人間心理。

本人的には悪気がなくても、たったひとりのせいで不愉快な職場になっているなんて……、残念すぎますし、仕事のモチベーションにも影響が出そうです。

あなたの職場にも、「正直消えて欲しいよねー」などと話題になっちゃうほどウザい同僚がいませんか……?