訴えてやる!SNSにアップする「子どもの写真」危険な投稿3パターン

写真拡大

可愛い我が子の画像、せっかくなら自分だけで見て楽しむよりも、SNSにアップして友人知人にも見てもらいたいですよね。でも、なにも気を遣わずに画像を投稿していると、とんでもないトラブルを引き起こしてしまいます。

そこで今回は、筆者の周りでSNSに画像をアップするのを楽しんでいる今時の達人ママ数人に、「どういったことに気をつけてSNSを利用しているか」いついて伺ってきました。

それを参考に、“にわか”SNS利用者がやってしまいがちなNG投稿について触れていきます。あなたはうっかりこんなこと、やっていないですか?

 

■NG1:我が子以外の子どもの顔を載せる

運動会や発表会など、我が子の活躍や成長を伺い知ることが出来る行事は家族にとって大切な思い出。その画像をSNSにアップしたくなる気持ちは分かります。

しかし、そういった行事では画像に他の子が映り込んでいることが多く、我が子1人が映っている写真のみの投稿……とはいかない場合もあります。

でも、我が子以外の子の顔を載せてしまうのは大変危険! そもそも、自分の子の顔をネット上に晒す行為に抵抗のあるママがいます。実際にあったトラブルがこちら。

「運動会の写真をSNSにアップしたら、後日学校の保護者会で『うちの子がネットに載せられているんですけど』と皆の前でクレームをつけられました。

その画像には、なんの加工もしていなかったので『うちの子の顔が今後ずっとネット上に存在することになる。どう責任をとるつもりなのか』と責められて……主人と一緒に菓子折りを持って、その家庭に謝罪に行くことになりました」(30代女性・専業主婦)

一度ネット上に投稿された画像は、その元を削除したところですでにその画像を保存している人がいれば、永遠に第三者の手に保管されることになります。我が子以外の子どもも写っている写真をSNSに投稿する際は、取り扱いは慎重に行いましょう。

 

■NG2:場所を特定出来る位置情報を添付して投稿

SNSにある機能として“位置情報”を付加するものがあります。この写真はどこで撮られたものですか、といった情報をSNS上に登録をするような感覚です。

自分が意図していなくても、自動的に位置情報を画像に添付して投稿されている場合もあり、その画像を見た人全員に“この人はここにいるのか”“ここで撮ったのか”とバレてしまうのです。

「SNSを使い始めて間もないころに、友達家族とキャンプに行ったんです。それをSNSに投稿したら、位置情報も投稿してしまっていたみたいで……その日誘わなかったママから『楽しそうだね、あそこに行ってきたんだね』と。

“エッ、バレてる!”と思って怖かったです。それに、その人を誘わずに楽しんでいたのがバレてちょっと関係が悪くなってしまいました」(30代女性・パート)

いつ、どこにいたかを晒していることによって、悪意のある人がストーカー行為や犯罪を企ててしまうとも考えられます。それに、お話しをしてくださった女性のように、仲間はずれにしたということでママ友関係が壊れてしまう危険性もあるのです。

 

■NG3:機能を理解せず全体に公開

「機能を理解していなくて、全体に公開という設定にして画像をバンバン投稿していました。するとある日、『うちの子がお宅のSNS画像に映り込んでいたんだけど!』とあるママがすごい剣幕でうちにやってきて。『これ、悪用されたらどうするの? 責任どうとっていただけるんですか』と。

『きちんとした対応してくれないのであれば、訴訟も考えます』と捨てセリフを吐かれ……怖くなって泣きながら夫に相談したことがあります」(40代女性・専業主婦)

このママの場合、50枚程度の写真を投稿していたとのことでした。訴えると言ってきたママは当時シングルマザーだったそうで、離婚した元ご主人がストーカーの気があり、どこでどう過ごしているかと悟られないように警察に相談までしていたという事情がありました。

軽い気持ちで投稿したSNS画像からお子さんの動向がバレてしまえば、連れ去り等の事件に発展しかねません。投稿する際には公開設定もきちんと確認をするようにしましょう。

 

いかがでしたか? 最近では、行事の画像や動画をSNSに投稿するのを禁止している幼稚園や保育園、学校があるほど社会問題にもなっています。軽い気持ちでの利用は避け、責任を持って適切な投稿が出来る大人になりましょう。

(ライター 清水希枝)

 

【関連記事】

※ 「大きな不安を抱えている子ども」に現れるSOSサイン3つ

※ 子どもに見られたら…危険!SNSでママが子育てのグチを書き込むリスク

※ 2位無視される…よりも!「ママ友トラブルの被害」最も陰湿な1位は

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 乳首の黒ずみがみるみるキレイ!? あの美容外科が監修したクリームで愛され美乳に

※ たったこれだけ!? メラニンを防ぐ日焼けに負けない美肌の作り方

※ 酵素やスムージーを超える?山田優も愛飲、全米大ブームのコンブチャとは

 

【姉妹サイト】

※ 多忙でも心は満足!パリジェンヌ流「豊かに生きるコツ」とは

※ この肉いらね〜!2位太ももより「女性が痩せたいパーツ」1位は

 

【画像】

※ Ushico / PIXTA(ピクスタ)