長時間放置は絶対NG

写真拡大

夏、暑くなると嫌な臭いを発生させる生ゴミ。皆さんはどのような生ゴミ対策をしていますか?虫を寄せ付けないためにも、夏におすすめの生ゴミ対策を紹介します。

■ 夏の生ゴミは捨て方の工夫が大切!

◎ 調理後にゴミを残さない

調理後、流しの三角コーナーに、ゴミをそのままにしてはいませんか?虫や臭いの発生を防ぐには、調理が終わったらシンクを綺麗に掃除し、ぴかぴかの状態を保つことが大切です。この時、掃除の後に酢やクエン酸水、アロマスプレーなどを振りかけておくと、臭いの発生がかなり軽減されますよ。

◎ 臭いの発生を極力抑えた捨て方

夏の生ゴミ対策でおすすめしたい捨て方は、臭いの元を極力抑えた捨て方です。気をつけるべき点は次の4つ。

・水気をしっかり切る
・新聞紙で包んでから袋に入れる
・重曹を振りかける
・厚手のビニール袋に二重に包んで捨てる

◎ 生ゴミは冷凍庫で保管

魚の内臓や傷んだ果物などの生ゴミは、冷凍庫に保管するのがおすすめです。ビニール袋に二重に包んで置いておき、ゴミの日になったら取り出して捨てましょう。

◎ 密閉性の高いゴミ箱に捨てる

当然のことですが、生ゴミまたはソースなどの汚れが付いたゴミは、密閉性の高いゴミ箱に捨てましょう。その時、臭いがするようであれば、重曹やクエン酸を振りかけておくと、悪臭が軽減されます。

◎ アロマオイルを使った除菌消臭スプレーの作り方

・無水エタノール 5ml(ウォッカ、消毒用エタノールでも代用可)
・水 45ml
・精油10滴(ユーカリ、ティートゥリー、ペパーミント、レモン、ラベンダー)

を用意します。精油はユーカリかティートゥリーをベースに、上記の中からお好きなものを10滴ほどご使用ください。ユーカリかティートゥリーが多めであれば、ブレンド比率はお好みで大丈夫です。容器の中で無水エタノールに精油を混ぜてしっかり振り、その上から水を注いで再び振れば完成。簡単安心の除菌、消臭スプレーです。生ゴミ、シンクなどどこにでも使えますよ。

■ 夏の生ゴミは長時間放置せずに素早く対応を

夏の生ゴミ対策で大切なことは、長時間放置しないということです。冷凍庫や密閉性の高いゴミ箱をうまく活用し、臭いの元を極力絶ちきるようにしましょう。アロマスプレーやクエン酸、重曹を使うと虫の発生や悪臭がかなり抑えられるので、賢くご活用ください!

(image by amanaimages)
(著:nanapiユーザー・eto 編集:nanapi編集部)