安藤なつ 前コンビ解散の真相を元相方・松原陽子が暴露「尋常じゃなく怖い」

写真拡大

21日放送の「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)で、メイプル超合金安藤なつの元相方・松原陽子が前コンビの解散理由を暴露した。

番組では、「メイプル超合金の裏の顔… 元相方&親友が致命的告発!!」と題して、メイプル超合金がゲスト出演し、安藤とお笑いコンビ「ぷち観音」を組んでいた松原が登場した。安藤はメイプル超合金を組んで4年になり、その前に約3年間「ぷち観音」として活動していたが、松原が解散を切り出したという。

松原はその理由をふたつあげ、ひとつ目は「安藤がネタ合わせの時に話す男関係の話がキツかった」こと。そして、もうひとつの理由は「安藤の束縛が激しくて嫌になったから」だという。

この答えに、安藤は「へぇ〜…束縛?」と意外そうに驚いた。例えば、松原が休みのときにプライベートの時間を満喫したことをTwitterでつぶやくと、それをチェックした安藤が「時間あれば私と会えるじゃん?」と言ってきたのだそう。

司会の中居正広が「なんで当時言えなかったんだろうね?」と尋ねると、松原は涙声で「怖かった」「尋常じゃないくらい怖い」とコメントしたのだ。

これに、安藤は「ぷち観音」で芸能活動を最後にしようと考え、真剣なあまりの行動だったと弁明した。また、安藤は「休みなんかいらないし、ライブも入れたほうがいいじゃないですか? そこのズレが、向こうとは合わなかった」と価値観の違いを説明。

そして最後に、松原がメイプル超合金に向かって「がんばってください」と投げやりにエールを送った。この態度に安藤は「超コワイんですけど!」と爆笑し、陣内智則も「ミゾがすごいな〜」と驚いていた。

【関連記事】
カズレーザーが尋常でない集中力の高さを告白「気づいたらスズメが止まってた」
千原ジュニアがメイプル超合金・安藤なつの尋常ではないモテっぷりを明かす
ベッキーの後輩・カズレーザーが事務所の内情を暴露「本当にお金がない」